RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ブリティッシュロックはロックじゃない/「言うてしまえ」No.1  | main | 自分で作曲するな/「言うてしまえ」No.3 >>
めんたんぴんは政治セクト/「言うてしまえ」No.2
0
    私は「めんたんぴん」というバンドをしょっている。
    そう思っている。
    「めんたんぴん」は私である。
    今はそう思っている。
    私とベースの石崎三郎の二人が現在のメンバーである。
    元のメンバーも各自活動している。
    様々な想いで生きている。
    私はそれを認めている。

    一人一人の顔は年中浮かぶ。
    苦楽を共にしたのだ。
    青春を一緒に過ごしたのだ。
    今更、他人だと思える訳が無い。
    私達は「めんたんぴん」という政治セクトだったのかも知れない。
    その枠の中で生きていた。
    なるべく大人の世界に触れない様にして。

    ちっぽけな、セコイ日本が嫌だった。
    アメリカに憧れた。
    あの広さ、ヒッピー、LSD、グレートフル・デッド。
    日本中、何処に行っても駅前は全く同じ建造物だらけだった。
    そして灰色の高速道路。
    コンクリートで出来上がった日本。
    実感した。
    「オイ、これでいいんかい」
    腹が立った。
    呑気(のんき) にポップスに走る者を軽蔑した。
    「この現状に知らん顔して愛を歌うのか? アメリカに負けとるやないか」
    私達はある種政治的だった。
    決っしてラジカルではなかったが。

    ある時、「クジラを守ろう」というアメリカのキャンペーン・コンサートが有った。
    泉谷しげるが飛び乗った。
    アメリカ好きのバンドが飛び乗った。
    有名ミュージシャンがアメリカから多数来日した。
    私達は出演を断った。
    そんなものに出る気がしなかった。
    牛肉も豚肉も無い時代、私達は給食でクジラを食った。
    クジラの味は、脳細胞が憶えている。
    日本人はクジラを食って生き延びた。
    今さら「守ろう」等とどうして言える。
    「じゃあアメリカ人よ、牛を守るのか? 豚を守るのか? 鳥を守るのか?」
    ウエスト・コーストのミュージシャンには大バカがいる事を知った。
    北陸の貴公子達は、そんなものには乗らない。

    ねっ、どうです、政治的でしょ。
    「愛」も歌わなかった。
    愛というものが実感出来ないからだ。
    キリスト教の教徒でも無い私達が、愛を簡単に実感出来る訳が無い。

    20才でサンフランシスコに旅し、数年後、ロサンジェルスでレコーディングした。
    それ故、私達は日本人である事を、否応なく意識し出した。
    | - | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/205014