RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 右側から物を見る方が/「言うてしまえ」No.4 | main | おっさん二人の青春の花火/「言うてしまえ」No.6 >>
松田ゆかりとの出会い/「言うてしまえ」No.5
0
    「制服向上委員会」略して「SKi」が出来る前から、私は発案者である高橋氏と知り合っていました。
    「めんたんぴん」も一時、彼のオフィスに所属していたのです。
    元来、アイドルには興味は無かったのですが、「アイドル冬の時代」と言われていた当時、二人の女の子から始めた高橋氏のやり方には関心がありました。

    「SKi」がブレイクした頃、彼から連絡が有りました。
    「忠平、アイドルにロックをやらせてみたいんだけど。 ストーンズとかデッドとか。 どう、やってくれない?」
    内側を覗いてみたいというスケベ心もあり、その仕事を請けました。
    リハーサル室に行くと4、5人の女の子が楽器を抱え、四苦八苦している。
    可愛い女の子達の前で、私は尻が浮いてしまい、止めとけば良かったと後悔しました。
    特に、ギター担当の子の眼がイヤな感じだった。
    「アイドルを心の中ではバカにしてるのに、金が欲しくてやって来たんだろ。 私はわかってるからね」という目付きだった。
    その女の子が、「松田ゆかり」です。

    その後、ゆかりのソロアルバムに曲を作ったりディレクションしたりしながら、何かと話す機会も多くなって行きました。
    高橋氏と私とゆかりで、何度、府中競馬場に行ったか知れません。
    付き合いの良い女の子だった。
    いわゆるオジンギャル。
    私と音楽的な好みも似ている。
    お互い川崎に住んでいて、家も近い。
    「SKi」を辞めたのも同時期。

    私は彼女に、自分で曲を作る事を強く勧めました。
    それに応じてゆかりは沢山の曲を作った。
    私の曲と、彼女の曲と、二人で作った曲とを併せてライブを演りたくなった。
    それで 「ステラ・ブルー」を作ったのです。
    「めんたんぴん」を引き継いだユニットです。
    音楽性は殆ど変わりません。
    生き方、考え方を探る事が好きな二人です。
    男らしさ、女らしさをきちんとしたい。
    二人共、そう思っています。

    ゆかりは頑固な保守であります。
    | - | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/205919