RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 松田ゆかりとの出会い/「言うてしまえ」No.5 | main | ノミの金玉も二つ/「言うてしまえ」No.7 >>
おっさん二人の青春の花火/「言うてしまえ」No.6
0
    5年掛かって「日本競馬狂想曲」を作った。
    初めてのソロアルバムである。
    或るレコード会社に話しを持ち掛けたが、「競馬はねぇ・・・。普通の人が聞きますかね・・・」と言われ、多分他のレコード会社もそうだろうと思い、自力で作る事にした。

    昔からの友人、高橋明雄君が援助を申し出てくれた。
    彼もなかなかの勝負師である。
    それで、今は、売る方法を毎日二人で話し合っている。
    中年のおっさん二人が、青春の花火を打ち上げようとしている。

    彼の息子、良君が2曲ドラムを叩いている。
    まだ20才。
    アルバムのデザイン、イラストは我が娘 美果に託した。
    私は若い人の力を信じている。
    我々よりもきっと素晴らしいものを持っている。

    高橋君の次男 陽平君は、今、東京の写真の専門学校にいる。
    素朴で、穏やかな男だ。
    次回のCDの写真は彼に撮って貰いたい。
    もう私は決めている。
    でも、手加減はしない。
    時には追い詰めるかも知れない。
    無理な事を要求するかも知れない。
    でも、それでいいと思っている。

    子供が20才を過ぎれば、母親では手に負えない事がある。
    父親の出番だ。
    他人の子も自分の子も一緒だ。
    一人の大人として、意見を述べたい。
    私の知っている事は全て教えたい。
    その後の事は、各自好きにすればいい。
    今は構い倒す。
    世話を焼く。
    ガミガミ言う。
    子供達よ、覚悟しとけ。

    多分、子供は親の世代を引き継いでくれる。
    そうして何かが伝わり残って行く。
    時代が替わっても変わらない物があるに決まっている。

    子供の頃、私達は泥まみれになって遊んだ。
    「パンツの色が変わる」と言って母に叱られた。
    ミミズを掘った。
    魚を追いかけた。
    陽が暮れるまで外で遊んだ。
    今の子供達はそんな事はしない。
    家に居て、ゲームをしたりテレビを見ている。
    時代が変わったのだ。
    でも、私の体験を伝えれば、子供達はきっとイメージする。

    父親の子供時代を思い浮かべるだろう。
    それでいい。
    それでいいんだと思っている。
    | - | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/206060