RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 「スイートホーム・カワサキ」/「言うてしまえ」No.20 | main | Country blues for me/「言うてしまえ」No.22 >>
競馬場に行きましょう/「言うてしまえ」No.21
0
    松田ゆかり作。
    「グッバイ・ローズ」 に乗って語っている。
    '70年代ロックファンなら分かるだろう。
    この曲はリンディスファーンの 「ミート・ミー・オン・ザ・コーナー」 が下敷きになっている。
    この英国ニューキャッスル出身のバンドは、私にとって特別の関係が有る。

    私は妻と二人で 「リンディスファーン」 という飲み屋をやっていた。
    5年位でやめてしまったが楽しい日々だった。
    いろんな人と出会った。
    オレンジ・カウンティ・ブラザーズの飯田君、アンクルムーニー、ドラマーの源太、ベースの有賀、サルサの大儀見元、ノラちゃん。
    川崎の沢山のロッカー達。
    正にミート・ミー・オン・ザ・コーナーだった。

    「フォグ・オン・タイン」 「レディー・エレノア」 大好きな曲が多い。
    北国育ちの私と、何か似たようなものが有る。
    アメリカのバンドには無い湿り気が有る。
    北国の曇り空のロマンティクが有る。

    私はリンディスファーンのフォロワーなのだ。
    このバンドを目指している。
    生まれ育った街を歌った 「タイン河にかかる霧は俺達のものだ」 なんて、堪らなくいい。
    特に彼等のライブCDを聞いて欲しい。
    あんな、観客との一体感はこのバンドでしか出せない。

    私も街一番のロックンロールバンドを目指していた。
    小松市の公会堂でライブしたい。
    故郷の人達とロックを楽しみたい。

    ロックはインターナショナルでは無く、ナショナルなものだ。
    日本なら日本、小松なら小松、その中で楽しめばいい。
    そう言う土着の楽しみ方がもっと広まって欲しい。
    東京ドームは虚しい。
    日本人のロックは日本人が楽しめればそれでいい。
    そして、そういうものを海外の人も聞きたいのだ。

    ニューキャッスルのバンドは死ぬまで私の心の中で生き続ける。
    リードボーカルのアラン・ハルは10年位前に死んだ。
    妻は 「一度墓参りがしたい」 と泣いた。
    ああ、勿論そうしよう。
    私も泣いた。

    アラン、あなたの音楽は私が引き継ぎます。
    | - | 02:30 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/219511
    遂に、元祖Barmusic「Mooney」登場
    遂に真打ち登場、言わずと知れたBarmusic界の親分「Mooney」です。この人抜きには「Bar Music」は語れません。マスメディアの演出や大きな箱ではなく、実力派のミュージシャン達が、聴き手との距離の近い小さなライブハウスや酒場で演奏するいわゆる「Bar Music Style」
    | BarMusic Network -TIPITINA- | 2005/12/18 12:31 PM |