RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< いざ海へ/「言うてしまえ」No.24 | main | 北陸の初夏を味わう/「言うてしまえ」No.26 >>
「日本競馬狂想曲」あとがき/「言うてしまえ」No.25
0
    15年間、ただひたすら競馬場に通い詰めた。
    東京競馬場のパドックに、川崎競馬場のパドックに立ち、馬を見つめた。
    世の道理に背を向け、下降する自分自身を見つめた。
    そして今、その日々を綴り、「狂想曲」 を作ろうと思い立った。
    自らの欲望に従い、自らのロックを信じ、それを世に問う試みである。

    競馬で負けた夜、ひっそりと書斎で聞いて欲しい。
    「人生とは何ぞや」 と、思いわずらう夜に、ぜひ聞いて欲しい。
    そして 「にやり」 と、笑ってもらえれば、この試みは大成功である。

    「行け! 川崎帝王号」 のデモテープを録ったのは5年前の事だ。
    5年間、競馬の歌を作ろうと思い続けた事になる。
    ようやく全15曲仕上がった。
    中の峠のスタジオにどれくらい世話になった事だろう。
    そして、馬鹿な男を励まし続けた高橋明雄氏にも感謝したい。
    54歳にして、初めてのソロアルバムである。
    やはり心の底にあるのは、ロックだった。
    何度も逃れようとしたのだが・・・
    忘れえぬ恋人である。
    いまさらロックなどと笑ってはいけない。

    このアルバムを作るうちに、少し見えてきたことがある。
    '70年代ロックを生んだ大好きなミュージシャン達の想いだ。
    なぜ彼等がルーツミュージックを追い求めたのか。
    あるいは、なぜ都市、街から離れようとしたのか、よく分かる気がする。
    都市の真っ只中で自分を見つめる事など出来はしない。
    自然や田舎が暮らしやすいから良いのでもない。
    海の底でも、宇宙の果てでも、どこでも良かったのだ。

    自分を見つめる、そして、その自分から一歩でも前に出る。
    そのために必要なのが、取り敢えず、アウトドアーなのかもしれない。
    山の空気を吸い、海の陽にあぶられ、私もレコーディングをして来た。
    歌は世につれる。
    今も変わらない。
    一人の日本人として、日本のロックを今一度作り直し、前進させるパワーと
    エネルギーが、自分に残っている事を願っている。
    まぁ、硬い話はやめて、一度聴いてみて下さい。

    私の「競馬場」へ来てみませんか。

                                 めんたんぴん
                                 佐々木 忠平

    | - | 13:58 | comments(3) | trackbacks(1) | - | - |
    佐々木忠平様

    はじめまして。
    管理者のシンプルマンさんが、私のHPに書き込んでくれたのでこのHPをしりました。

    僕が高校生の時に初めて、めんたんぴんのファーストをFM大阪のビートオンプラザ田中正美です。という番組で聞いて、かっこええなあ!!と思ったのが、めんたんぴんとの出会いでした。
    でも、洋楽番組だったので、
    日本のロック特集という時に聞きました。
    そのときは、四人囃人、クリエイション、センチメンタルシティロマンスとかもオンエアしていたと思います。ああ懐かしい!!

    当時、こずかいもあまりなく、LPも買えず、
    音源が残ってなかったので、いつか聞きたいなあと思っていたところ、
    約20年振りにCDショップで徳間の再発盤で、めんたんぴんのアルバムが2枚も出ているではないですか!!!

    すぐに2枚共買ってしまいました。
    いまもファーストを聞きながらこのコメントを書いています。

    自分が憧れていた人にコメントを送れるなんて、
    凄い時代ですね。
    信じられへん!!

    今も、ロックしてはりますね。
    ますます頑張ってください!!!
    ええなあ〜

    PS
    僕はデッドはほとんど聞いていないのですが、
    オールマンが大好きだったので、
    めんたんぴんも好きという感じです。
    デュアンが大好きなので、
    Lespaulというハンドルを使っているというところです。
    | Lespaul | 2005/06/28 1:15 AM |

     …こいつアホか?!という最大級の賛辞です。

     5と8を、指をつき出して踊ってしまいました。

     クレージーケンバンドが今の日本では究極か
    と思ってましたが、あっさりと抜き去られました。

     49歳男性、うわずみの無い意見です。
    | さまげ | 2005/08/28 10:09 AM |

    この前内灘に行った帰りレコードジャングルで発見。
    聴いてみた。笑った。ダンナが競馬場に連れて行ってくれるって。
    的場さんの息子さんならわかる〜と言ってた。

    好きで好きで大好きな競馬への想いがほほえましい。
    | arison | 2016/04/14 11:04 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/222671
    『日本競馬狂想曲』
     今日の中日スポーツの21面の囲みコラム。「地方競馬応援CD」、「“中央にない”感動がある」に目を奪われた。  “中央にない”、要はここなんですよ、地方競馬の目指すところは。再三、指摘しているように、中央もどきのことをしたって、それなら、大抵のお客さ
    | たかが私にも たかが私でも〜ゲッターズK的競馬〜 | 2005/07/12 12:21 PM |