RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 「日本競馬狂想曲」あとがき/「言うてしまえ」No.25 | main | 金沢競馬場の存続が来年決まる/「言うてしまえ」No.27 >>
北陸の初夏を味わう/「言うてしまえ」No.26
0
    5年間掛けて 「日本競馬狂想曲」 を作った。
    昨年の秋から今に至るまで、殆ど小松に居た。
    小松市中ノ峠町にある 「ミュージック・ラボ」 でレコーディングした。
    東京から、関西から、ミュージシャンを小松に呼んだ。
    4月の半ば頃、音は完成した。

    何十年ぶりで、北陸の初夏を味わっている。
    実家の二階で寝起きしている。
    空気がきれいだ。
    木々の匂いがする。
    鳥がよく鳴く。
    毎晩、ガマが鳴く。
    夜が明ける頃、海に広がる青い闇が、とてつもなく美しい。
    朝は6時に目覚める。

    日曜日と火曜日は汽車に乗って金沢へ行く。
    金沢競馬場へ行く為である。
    金沢もまた緑が多い。
    アカシアの林を抜けると競馬場がある。
    それが終わると、香林坊・片町へ向かう。

    大抵は 「もっきりや」 でコーヒーを飲む。
    私が金沢美大の学生だった頃から通っている。
    オーナーの平賀様の顔を見に行く。
    「ちゃんとした音楽を聞かなだめやぞ」
    と叱られる。
    「エー、どういう事よ」
    と答える。
    しっかりせよ、と言いたいのだ。
    その通り。

    兼六園へ行ったり、浅野川へ行ったりする。
    木と花の匂いが風に運ばれて来る。
    嗚呼、我が故郷の初夏とはこうだったのだ、と感動している。
    もうすぐ 「百万石祭り」 が始まる。
    その頃、私は川崎に帰っている。
    都市生活が待っている。
    新丸子の事務所での一人の生活が始まる。
    渋谷、青山通りを歩き回らねばならない。

    落馬負傷していた的場文男が大井に帰ってきた。
    見に行かねばならない。
    多分、東京は暑いだろう。
    空気は汚れているだろう。

    「謡楽音産(ようがくおんさん)」 の高橋明雄君との平穏な日々も終わってゆく。
    実家の二階の部屋で、コーヒーを飲み、煙草を吸い、作品について、これからの活動について、毎日語らった。
    7月には彼も上京する。

    今年の半分が過ぎた。
    残り半分は激烈な日々となる。
    暑いなぞと言ってられない。
    CDを広め、売らねばならない。
    次々と音楽制作。
    ライブの企画を打ち出して行く。
    嗚呼、北陸の夏も楽しみタイナー、なんて思っちゃったりして・・・

    それでは、また。
    | - | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/223777