RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 世の中を完全に敵に回しそうなので/「言うてしまえ」No.34 | main | 洗濯をした後で/「言うてしまえ」No.36 >>
私はその世代の息子なのだ/「言うてしまえ」No.35
0
    文学青年では無いが、本を読むのは好きだ。
    中学の頃、日本文学全集と世界文学全集は全部読んだ。
    母親が 「大人になってから読んで」 と買ってくれた物だ。

    昔の事なので、作者と作品がごちゃごちゃになっている。
    「ユリシーズ」 「ナナ」 「静かなるドン」
    訳も分からず読んでいたが 「ナナ」 を毎晩読んだ。
    眩暈(めまい)がした。
    女性というものが動物に思えた。

    日本では、谷崎や永井荷風にハマった。
    これまた女性がよく登場する。
    大人の世界は、子供よりも子供なのだと思った。
    何か安心した。
    大人達も結構アホでイーかげんなのだと分かった。

    めんたんぴんを始めて数年、殆ど本は読まなかった。
    バンドが解散状態になり、新丸子の古本屋に通い詰めた。
    作者名など何も知らないので、端から買って読んだ。

    暫くして面白そうな作家に出会った。
    開高 健である。
    それで彼の本を全部読んだ。
    「青い月曜日」 「フィッシュ・オン」 「白いページ」 「夏の闇」
    彼は私の両親と同じ世代である。
    だから読みたかった。
    どこかで親を知りたかったのだ。

    そして釣りに走った。
    朝から晩まで釣りをした。
    日本海で、伊豆稲取で、三浦半島で、湘南で、そこら中を釣り回った。
    渓流から海まで、チャンスがあれば色々な釣りに手を出した。

    その大好きだった開高 健を、私は読まなくなった。
    彼の世界に同化出来なくなった。
    「夏の闇」 が急に作り物に思えてきた。
    「漂っている・・・」そう感じ出した。
    出口の無い文学という海で、ただ 「漂っている」 と思った。
    悲しかった。
    まるで親に冷めて行く子供みたいに悲しかった。
    また開高を読む日が来るのだろか。
    あの気持ちの良いリズムの世界へ再び入って行くのだろうか。

    多分、無いだろう。
    私は遠い所に来てしまった。

    最後の作品 「花終わる闇」。
    赤裸々な彼がある。
    最後の言葉 「やはり女だった」
    世界中を巡り、釣りをし、食いまくった作家は、何を求めていたのだろう。
    いや、求める何かを確かめる事無く、亡くなったのではないか。
    淋しい人生だったと思う。

    ずっと彼の息子のように思っていた。
    ビデオの中で釣りをする彼は、黙々と釣り場を巡った。
    悪事を知らず、私などには無い、律儀な、行動する力が有った。

    戦中派。
    「戦争」 と 「敗戦」 という時代に青春を送った人達。
    私の両親も含まれる。

    やるせない悲しみを、私は感じている。
    私はその世代の息子なのだ。
    | - | 13:18 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/241813
    開高健「夏の闇」(新潮社・開高健全集第7巻から)
     開高健「夏の闇」を読了。「輝ける闇」の感想にも書いたが、そもそも、この小説を読むきっかけとなったのは、岩波書店の月刊誌「図書」に連載されている小説家・佐藤正午氏のエッセイ「書く読書」である。
    | 本の虫 | 2006/03/05 10:30 PM |