RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 私はその世代の息子なのだ/「言うてしまえ」No.35 | main | グレートフル・デッド/「言うてしまえ」No.37 >>
洗濯をした後で/「言うてしまえ」No.36
0
    都会で生活するとはどういう事なのだろう。
    未だにわからない。
    田舎に居れば、何となく一日が過ぎてゆく毎日に不安になる事は無い。
    都会では分刻みで時が過ぎる。
    すぐに夜になり、テレビが今日一日の出来事を流し出す。
    ニュースを知ろうが知らないでいようが、何か変わるのかしらん。

    私みたいな自由業の者にとって、毎日が不安である。
    どこかで世の中に追い付こうとしている。
    「自分の思う様に世の中を動かそう」 なぞとは思えない。
    それで苦悩する。
    「人生とは何ぞや」 と毎日、その答えを用意しなければならない。
    これじゃ疲れるでー。
    私だけの事かも知れないのだが・・・。

    デッドもザ・バンドも歌詞に聖書の引用が有る。
    しっかりした、頼れる父の様なものを彼等は持っている。
    私には無い。
    他の日本人にも無い。
    さりとて、キリスト教徒になる気持ちも無い。
    神という存在無しで生きて行けるだろうか。
    そんなに人間は強いのかな。
    おまけに、戦争に負けて、戦前のものは皆悪いもの、間違ったものになった。
    よくここまで、日本人は集団発狂もせず生きてこれた。

    昔は、年金を恩給と言った。
    「お疲れ様でした」 という事だろう。
    なんか人間らしくて、優しい。

    「三島由紀夫が生きてたらなー」 と毎日思う。
    芸術家がいない。

    新丸子で 「川崎帝王」 は、ただ煙草を吸い続けている。
    | - | 11:39 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    佐々木忠平さま
    コメントありがとうございました。新丸子でしたか。当方は日本に戻れば鹿島田です。一度、お目にかかってお話をお聞きしたいと思っております。宜しければメールを頂けませんでしょうか。
    岡田純良
    | 岡田 | 2005/07/15 9:32 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/244100