RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 洗濯をした後で/「言うてしまえ」No.36 | main | 中日新聞記事抜粋/管理人 >>
グレートフル・デッド/「言うてしまえ」No.37
0
    「日本競馬狂想曲」 の中で語っているのだが、私は'74年にデッドを見た。
    サンフランシスコのカウパレスだ。
    東部から来た数人の大学をドロップアウトした連中と仲良くなった。
    彼等はデッドしか聞かなかった。
    彼等が一緒に行こうと誘ってくれた。
    その時のコンサートについてはCDの語りを聞いてもらいたい。

    当時、デッドと言えば 「はちみつぱい」 「久保田麻琴」 両先輩が私達よりも先に注目していた。
    私達は後発なのだが、先輩達よりもずっと深くデッドにハマった。
    私と作詞の柴田徹がデッドを体験したせいだと思う。
    あのコンサートを引き摺ったまま、今に至っている。

    最初のシングル(シングルも出していたのだ)「コンサート・ツアー」 は、デッドを夢見た北陸のロックバンドの歌だ。
    曲も詞も皆で作った。
    その光景を覚えている。
    今更ながら初々しく輝きに満ち溢れている。
    「希望」 という言葉がぴったり来る。

    PAシステムを持ち4tトラックとハイエースで全国を廻った。
    地方にはまだPAが無かった。
    私達は自分達でPAを組み立て、演奏し、それをまたバラし、車に積んで次の街に走った。
    そういう風に活動する以外の道は無かった。
    皆、疲れていた。
    金も無く、酒を飲む者など居なかった。

    振り返っても何の悔いも無い。
    やり切ったという思いがある。
    メンバー皆、そう思っているだろう。
    あれ以上、何をする事が有っただろう。
    キープ・オン・トラッキンだった。

    もう一度同じ事をやれと言われたら、どうだろうネ、2日間でリタイアするかも知れないネ。
    20代前半の男達は凄まじいパワーを持っていた。
    皆若かった。
    全員大学を出ていたが、誰も就職しなかった。
    親は泣いただろうナー。
    「Mr.親泣かせ」 だった。

    数年前 「GO TO ARCADIA」 を作った。
    その辺りから私はジェリー・ガルシアの作曲に深く傾倒していった。
    「アンクル・ジョンズ・バンド」 「チャイナ・ドール」 この2曲は重要だ。
    私の中に有る何かに触れてくる。
    子供の頃に読んだ 「ハックルベリーフィンの冒険」 が蘇るのか、確かめたいのだが、まだ良く分からない。

    デッドの曲で一番は、文句無く 「リップル」 だ。
    よくこんな曲を若い頃作ったものだと思う。
    しっかりした 「想い」 が有れば、自然にそれは広まって行く。
    風も無く、誰も小石を投げていないのに水面に輪が広がって行く。

    この詞をずっと信じている。
    とても大事にしている。
    こんな歌をまだ作っていない。
    30年たっても作れない。
    これに挑む事が私のライフワークなのだ。
    ただこの一点に向けて私は歌を作り続けている。

    それでは、また。
    | - | 01:48 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    佐々木忠平様

    こんにちわ。
    先日は私の掲示板に書込み頂きありがとうございました。
    本当に感激!!です。

    僕は「コンサートツアー」大好きです。
    特に「知らない町の人達に 聞かせてあげる田舎を」という一節が大好きです。
    当時、憧れていたバンドの1つ「イーグルス」のコンサートは、
    「We are EAGLES,from L.A.」とMCが入ってコンサートが始まるらしいという事を、「ミュージックライフ」かなんか音楽雑誌で読んで、
    素直に「へー。かっこええなあ!!」って思って
    自分たちの町を大事にしてるんだって勝手に解釈して、
    それに通ずるなあ・・・・なんて思ったりしました。

    あと、僕も本当は大学を出たら、ギター(もちろんLespaulです。当時はグレコでしたが・・・・笑)を一本だけ持って、一人で東京へ行こうと真剣に思っていて、当時、その件で三ヶ月間くらい親父と大喧嘩をし続けた果てに、意志薄弱だった僕は、結局諦めて勤め人の道を選んで今に到るです。
    だから僕も「Mr.親泣かせ」でした(笑)

    ですから、当時「コンサートツアー」の歌詞の様に僕も生きたいなあと思っていたのでした。

    でも、自分たちでPAを組みたてて、直してっていうのは凄いですね。
    やっぱり気持(思い)があったから出来たんでしょうね。
    気持はやっぱり一番大事なんでしょうね。

    あっ、長くなってしまいました。
    この辺で終わります。
    またたまに寄ります。

    ありがとうございました。
    | Lespaul | 2005/07/16 5:30 PM |

    忠平さんへ

    めんたんぴんのアコースティックユニットであれば我々北陸ブルー
    グラスファンクラブ(HBFC)主催の利賀フェス参加、歓迎です。
    ご希望でしたらバックにウッドベース、ドブロ、バンジョー、フラ
    ットマンドリン等を配する事も可能です。アレンジは思いっきり
    ブルーグラス風になると思われますが。70年代の日本語ロックの
    北陸の雄「めんたんぴん」のアコースティックバージョン(実は
    ブルーグラスバージョン)」は面白いかも知れません。
    北陸の地で70年代に学生時代を過ごし音楽体験をした人にとって
    めんたんぴんは特別のバンドであると思います。
    なお、我々のバンドの演奏技術はCDを製作出来るレベルである事
    を私が保証します。
    | 熊谷(^^)卓也 | 2005/07/17 11:57 AM |

    忠平氏が初めてデッドを見た会場のHPがあります。
    http://www.cowpalace.com/welcome.html
    [HISTORY]のコーナーにそのライブの事が出ており、ライブCDが出ているようです。

    自分の人生に大きな影響を与えてくれたライブの音源が残っているとは・・・
    とても羨ましいですね。
    | Simple Man | 2005/07/25 1:52 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/245829