RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< この国はイワシ。 | main | 決意かもしれないね。 >>
米国コンサバチアン敗北、
0
     11月8日  晴れ   起床6時

    キムチ鍋、ソーセイジ、目玉焼き、レタス・サラダ、
    パン、牛乳。


    ユニクロに行った。
    ついでに伊豆高原の店で食事をした。
    僕と娘と妻の三人でのドライブ。

    伊豆高原はリッチな人達の街。
    東京からのリタイア組が多い。
    レストランやパン屋やケーキ屋が、森の中に点在している。

    冬でも太陽がさんさんと輝き、理想の場所なのだが、
    欠点は坂しかない事。それもすべてが急坂。
    リタイヤ組はリュックを背負い歩くことになる。

    まあ、足腰には良いだろうがお年寄りにはつらい。
    それで彼らは、車を持つ隣人の登場を待つことになる。
    そして、現れた隣人は、あたりの年寄り達の「アッシー」
    と化し、今、トラブルが多発しているとか。

    「エディ・バウワーのジーンズはスタイルが古いのよ」
    妻の一言で、僕はユニクロのジーンズを買った。
    36インチで良いと思っていたが、35インチがピッタリ。
    過去の40インチを思えば隔世の感がある。

    「ファツションはアメリカン」と決めたので、アメリカっぽい
    柄のフリースも購入。これからも僕は間の抜けたアメリカンで
    ゆく。さようならエディ。

    バラク・オバマが再び大統領に。
    どうもこの男が好きになれない。
    雄弁すぎるからか。いや、彼のリズム感の悪さのせいか。
    モコモコこもった声のせいか。民主党だからか。

    夜、BS・フジ「プライム・ニュース」を観た。
    ゲストは「立ち上がれ日本」の平沼代表。
    思っていたよりも面白い人だった。
    声が出ないのが残念だが、「石原に命預けます」がいい。

    滅私奉公でいいのよ。男はそうでなくっちゃね。
    石原氏の登場で、橋下氏の印象が薄くなった。
    やっぱスケールが違う。キチキチしてない。
    日本は「石原連合軍」と「自公民連合」との戦いになるか。

    バラク・オバマが望む理想の国は日本だろ。
    そりゃそうだ。日本なめたらいかん。
    アメリカに生まれなくてよかったと思う。
    ファションぐらいにしといた方がいい。
    なんか出来の悪い「お山の大将」だ。
    日本人で良かったなー、ほんと。















    | - | 07:17 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    | - | 2012/11/26 6:01 AM |