RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< マンケルの死を惜しむ。 | main | 毛沢東は過去の人か? >>
島国根性で死ねますか?
0

    3月9日  雪・雨  起床6時

     

    トースト、ウインナーエッグ、サラダ、牛乳、

    りんご、青汁。

     

    「多少の雪なら雨よりましや」

    なんて母に云って、自転車で家を出たのはいいが、

    雪はだんだん激しくなった。

     

    雪は雨に変わり、荷台のバッグを濡らし始めた。

    寒い。寒さが背中から全身に回った。体が硬くなり

    脳が動かない。

     

    若い頃なら、ある程度自転車を漕げば暑くなった。

    この頃はその逆。低温をはね返す熱が、なかなか生

    まれて来ない。

     

    塚本幼稚園園児の「教育勅語」に、多くの保守系の人達

    がコロッと行ってしまった。僕もその場にいればコロッ

    と行ったかも知れないが。

     

    でも、これはナンカおかしい。

    「いかにも」過ぎる。騙された国会議員はアホだ。

    「俺は無礼者!といって金を投げ返してやったんだ!」

    そんなこと実況中継せんでいい。

     

    僕は「神風が吹く」が大嫌いだ。

    「神風が吹く」を信じたがために戦争の深みにはまり、

    日本人だけじゃなく、朝鮮、中国、アジアの人達に多大

    な犠牲を強いた。

     

    ー「日本人は特別な存在だ」ー

    これぐらい国を危うくし、間違いを犯す考えは無い。

    アホだ。「日本人とドイツ人は優秀だ」これもナー、

    大馬鹿!

     

    朝鮮人も、中国人も、ドイツ人もアメリカ人もいっしょ。

    アホはいるし賢いのもいる。日本人が特別優秀な訳がない。

    謙虚に行きましょうよ。卑下することはないけどね。

     

    「教育勅語」でころっと行く保守は僕には関係ない。

    そんな「おめでたい」のは性に合わない。

    「憲法9条守るためなら戦います!」

    そんな左翼が一杯いる。これも完全なアホ。

    右も左も思考停止?

     

    いつの頃からかなー、歳上の嫁さんもらうのが流行りだし

    た。それと、ジャニーズ系タレントに中年の女達が狂いだ

    した。僕は漠然とだけど、この国が今までとは違う方向に

    航海しだしたように思った。

     

    若い男が歳上の女に興味を持つ。

    僕には理解出来ない。

    中年の女が年下の男にイカレる。

    これは理解できるが、少し変態がかっている。

     

    フランス人ならごく当たり前なんだろうが。

    でも、ここは日本。当たり前ではない。

     

    これすべてを憲法9条のせいにはしないが、国を守らなくて

    いい男達が、どこかおかしくなっいていくのは不思議じゃな

    い。男が弱くなると女の本音が噴き出してくる。「若い男が

    いいのよ!」。

     

    すべて僕の妄想なので悪しからず。

    いつまでも「成るがままの国」でいいんかなー?

    「成るがままの人生」で終わるのがいいなんて、思ってたら

    大間違いですから。人間ですよ僕らは!人間です!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    私も妄想族ですが
    いつの時代だってある種のオトコは若い女がお好き〜
    これって本音なのでしょうか?
    年を取るとそれが顕著になる
    加〇茶さんはどんどん嫁が若くなってる〜

    オトコが弱くなったからじゃなく、嫁をかまってあげないから
    お気軽な若いオトコに走る・・・それもdo itじゃなく、手をつなぐってなレベル〜考えられないですわ私には。
    オトコもオンナも若くても年取っててもええもんはええ〜かな
    | arison | 2017/03/10 6:29 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955573