RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 毛沢東は過去の人か? | main | 韓国を笑う権利無し! >>
月光亭と骨折とパリ
0

    3月12日  晴れ  起床7時

     

    豆腐と大根の味噌汁、卵巻き、納豆、ご飯

    りんご、青汁。

     

    昨晩、やめとけばいいのに、駅前の居酒屋でステーキ

    を喰った。誰かが「あそこのステーキは旨い!」と云

    った。それが、頭のどこかに引っかかっていた。

     

    「やたらしょっぱいなー」そう思いながら、冷奴、赤

    だしを追加し、ご飯をほうばった。

    そして今朝、起きると、やっぱり胃の具合が悪かった。

     

    肉の脂は大好きなんだけど、どうも胃が受け付けない。

    夏目漱石状態。漱石は重度の胃潰瘍だったが、食欲は

    物凄く旺盛で、彼は何度か食欲に負け、何度か死にか

    けた。

     

    「毛沢東を知りたいなー」と思ってたら、元全共闘のM

    さんから酒のお誘い。「ほんなら今日えびすやで」。

    昨日午後5時半。「えびすや」に行くと、Mさんはすで

    に酒をのんでいた。

     

    ふたりは作家「林房雄」で盛り上がった。

    林房雄のことは開高健で知った。

    「林さんはサワラを釣られた」

    この一言でふたりの関係が分かる。太平洋上で、強い日

    差しを浴びながら、ふたりは楽しく釣りをした。

     

    結局、毛沢東の話はしなかった。

    まあ仕方がない。

    Mさんと別れ「月光亭」にゆくと、看板の灯が消えている。

    「なんかあったのかなー」と思ったが、なんかあった。

     

    どうやら「月光亭」のママは怪我をしたみたいだ。

    客達にいっせいにメールが送られてきた。

    当分、松葉杖の生活が続くとか。

     

    店は女の子たちによって、金と土曜日は開けられる。

    「これから骨折日記をブログに書きます」とママ。

     

    僕は手元のヘニング・マンケルをすべて読み終え、昨日は

    ピエール・ルメートル「その女アレックス」を読んだ。

    ピエールは僕と同年。1951年生まれ。

     

    彼もまた大ヒットミステリを連発している。

    マンケルはスェーデン南部の片田舎が主な舞台だった。

    ピエール・ルメートルが書くミステリの舞台はパリ。

     

    文章はトンガっているし、キャラクターも複雑怪奇。

    主人公はカミーユ・ウ”ェルーウ”ェン警部。

    なんと彼の身長は1m45。

    彼が胎内にいるとき、画家の母親はタバコを吸い続け、ニ

    コチンが原因で、カミーユの身長は伸びなかった。

     

    まあ、見ようによっては、世の中で起きてることはすべて

    ミステリ。豊洲も、石原慎太郎も、東京ガスも、小池百合

    子も。ミステリですねー、ウヒヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:58 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    アレックス・・・あの前半と後半のどんでん返しにはびっくりしました。北欧ミステリーは本ではないのですが、wowowでドラマシリーズがいっぱいやってて、どれも面白いのです。
    北欧の言葉が聞きなれず最初はあれま〜とおもいましたが、それが気にならないほど面白くなる。
    サイコウはミレニアム三部作、ドラゴンタトゥーシリーズでした。
    刑事ヴァランダーもやってたみたいでまずドラマから見てみます
    主役がケネスプラナーですがどうでしょうか?
    | arison | 2017/03/16 5:41 PM |

    ケネスプラナー?忘れてますねー。ウ”ェランダーはデブですけど、彼はどうでしょう。北欧ミステリは、昔は英語訳を日本語に訳したみたいですが、今はスエーデン語をそのまま訳せる人材がいる。この影響は大でしょう。魅力のひとつは緩急です。静けさの中で起きる殺人事件。マンケルは「北京から来た男」が一番面白かった。中国とその歴史が中心。マンケルは
    すべてを注ぎ込んだと思います。彼の青春を、彼の思想を、世界の未来を。「私は左翼だ」彼ははっきりそう書いている。こう言うひと好きですねー。それではまた。
    | 佐々木忠平 | 2017/03/19 11:15 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955575