RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ミステリ&ミュージック | main | 我、競輪場に多額の寄付を成す >>
卓上ランプの明かり
0

    3月19日  晴れ  起床7時

     

    おじや、味噌汁、りんご、青汁。

     

    昨晩は「えびすや」。

    カウンターのいつもの席に常連のDさんがいた。

    僕はDさんの隣に座る。Dさんがいる日は、そこが

    僕の席になる。

     

    「注文は!」

    ホラン嬢が顔を突き出して注文をきく。

    「あ・な・た」

    なんてね、言わないけどね。

     

    「芋のお湯割りに、刺身、焼き魚はカレイ」

    腹が減ってるのでオデンも注文。

    「えーっと、大根と、椎茸と、スジ」

     

    Dさんは瓶ビール。

    僕はお湯割りをちびちび。Dさんが何か話し始めるの

    を待つ。

     

    「月光亭」は5月8日まで長期休業。

    「えびすや」で調子をつけても、しばらくは行き場

    がない。メインイベントの無いプロレスかいな?

    ぽっかり穴があいた。

     

    開高健は寝転がって本を読んだ。

    僕も大抵は寝転がって本を読む。

    でも、昼間ならいいが、夜になると天井の照明が目に入

    り、かなり読みずらい。

     

    母は「寝転がって本を読むとデブになるぞ!」と、中学の

    頃からデブの息子に云う。「もうデブやわ!」母親と掛け

    合い漫才をしてもしょうがない。僕は「寝転がる」を前提

    に、卓上ランプを購入した。

     

    その時にひらめいた。

    今僕が本を読んだり、ギターを弾いたり、歌を歌ったりし

    ている部屋が、果たして「自室」と呼べるのかと。

    そこが、部屋らしい部屋なのかと。なぜ、椅子と机がない

    のかと。なぜ、こたつ中心なのかと。

     

    そこは部屋ではなく「巣」なのではないか。

    パソコンは興味ないからそもそも無い。

    こたつ以外には大きな座り机が2台。本棚がふたつ。

    見ようによっては、閑散としている。

     

    冬の間、机は使わない。

    2台の机は、単に、物を載せる台と化している。

    「いかん、いかん、いかん!」

    機能性あふれる部屋にしなければ、何も生まれないぞ。

     

    僕は自身の才能のなさを、部屋のせいにすることにした。

    これで「呆れるほどの怠惰」を、誰かのせいに出来る。

    卓上ランプひとつの効果は以外にデカいぞ。

     

    なんか、色々買いたい。

    これは「月光亭」長期休業の影響か?

    体調が良くなったのかなー。

    「春・だ・か・ら・よ」

    オデンの湯気の向こうで、ホランがそう云った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 19:37 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    おめでとうございます。春の目覚め。
    穴から這いずり出て、日の当たる場所へ

    雪国の人間にとっては春を実感することの
    喜び、心平の思いが・・・

    ナスジオかな「山男」ってのやっているん
    だけど、たまに面白い。

    アラスカやユーコン、モンタナ、メイン
    あたりで、木こりの歌。

    やっぱ、めんたんぴんですがな。
    | 特注男 | 2017/03/21 6:30 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955579