RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 桜咲く前に。 | main | ホランの怒りと加川良。 >>
プロディガル・サン
0

    4月6日  曇り  起床6時

     

    チャーハン、お吸い物、りんご。

     

    昨日は3分咲きだった芦城公園の桜は、今朝9時半

    の時点で、7分咲きとなった。昨日の小松の気温は

    今年最高の24度だった。

     

    60代後半とおぼしき女が、桜を後ろに、母親の

    写真を撮っていた。「はい、わらってー」。

    先のない母親に、せめて今年の桜を見せてやろうと

    の思いが、僕には少し切なかった。

     

    桜見は誰と見るかが重要。ひとりなら花見などしなくて

    いいと思う。まあ、そこらじゅうで咲くから、見たくな

    くても見てしまうけど。

     

    昨日は出歩いたので、昼飯は小松市役所の食堂で食べた。

    時刻は午後2時近く。客は僕を含め2組。

    女二人の客は競うようにしゃべりまくっていた。

     

    昼食後、図書館の駐輪場に行き自転車を停めた。

    道を渡り、図書館の脇から芦城公園に入った。

    鯉が一匹、水面近くをビューと走っている。見ると、あち

    こちで鯉がフルスピードで泳ぎまくっていた。

     

    花見の人がけっこういた。

    紅梅が満開になり、桜と重なり、ウメの木に近寄って確かめ

    る年寄りが何人かいた。小学生の悪ガキが池にビニールの袋

    を放り込み、勘違いした鯉達が我先にビニールをつついた。

     

    「公園の桜を見る人がたんとおったなー」

    僕は家に帰り母に告げた。

    「そうか、ひと、たんと出とったか」

    母は編み物をしながら何かを云おうとした。

     

    「お父さんと、有るもの重箱に詰めて、花見に行ったがや」

    父は突然「おい、今から花見に行こう」と云ったらしい。

     

    年取った父と母がベンチに腰掛けて桜を見ている。

    息子は川崎にいた。

    息子は父と母が歩いて公園に行けなくなってから小松に帰った。

    家族でどこにも行けなくなって初めて、息子は家族を意識した。

    すべては遅かった。すべては過ぎ去ってしまったのだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:42 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    その年齢にならないとわからない事もある・・・
    これは私の言い訳でしょうか?
    NakamuraEmiという人が面白い歌を歌っていた

    ♪大人の言うことを聞け〜
     決して言うとおりにしろじゃない〜

    ♪大嫌いな先生のムカついた言葉が
     20年後になった今 意味がわかった
     「言ってくれてありがとう」とか伝えられたら良いけど
     大人はやっぱり先に死ぬから

    親不孝娘は過去は変えられない
    だから未来を考えよう〜と思うのでした
    | arison | 2017/04/07 7:23 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955585