RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ホランの怒りと加川良。 | main | リベラルな保守? >>
無いのに引かれる後ろ髪。
0

    4月8日  曇り  起床6時

     

    レタス・マヨサラダ、生姜焼き、トースト、

    牛乳、りんご。

     

    無性に酒を飲みに行きたくなったが我慢。

    最近、再び腹はスイカ状態になってきた。

    「こんなんでいいのか!」

    自分にハッパをかける。

     

    晩飯はお雑煮。あまりに餅が小さいので2個入れ

    ることにした。もちろん、焼き豚ふた切れは忍ば

    せてある。

     

    雑煮を喰ってすぐ二階に上がり、自室で本を開く。

    こうすれば余分なものを喰わなくて済む。

    アーナルデュル・インドリダソン著「湿地」を読了。

     

    著者は1961年生まれ。僕より10歳年下。

    舞台はアイスランドのレイキャビック。

    「湿地」の主人公はエーレンデュル捜査官。

     

    エーレンデュルもまたウ”ァランダー警部と同じく妻に

    去られヤモメ暮らし。びっくりするのは、娘のエブァ=

    リンドは、なんと麻薬中毒者。おまけに年中エーレンデ

    ュルに金をせびりにくる大不良娘。

     

    日本だったら考えられないが、これが面白い。

    いや、このエバァ=リンドが泣かせる。

    彼女は妊娠しても薬物がやめられない。

     

    彼女は苦しむ。父親のエーレンデュルはどうしたらいい

    か分からない。でも、父と娘は互いの信頼を少しづつ取

    り戻してゆく。ふたりは心の内をさらけ出して向き会う。

     

    ミステリは案外に勉強になる。

    アイスランドの歴史なんて知らんかった。

    リーマンショックでアイスランドは、世界の注目を浴びた

    けど。

     

    ちなみにアイスランドの人口は30万ちょっと。

    国土は北海道と四国を合わせた広さ。

    ねー、勉強になるでしょう。知らんかったでしょう。

     

    昨日は帰りがけに「焼きまんじゅう」を買った。

    午後3時ごろだった。小松市公会堂の前を、日本酒をぶ

    ら下げて歩くオヤジがいた。

     

    自転車で公会堂の後ろの歩道を走った。

    すらっとした、若い女が道を渡って来る。

    歩道で接近した。

    「あ・ら・ら・ら」

    女は声を出した。

     

    見るともなしに女の顔を見た。

    ムチャクチャ可愛い顔をしている。

    「おっ・とっ・とっ・と」

    僕も声を出した。

     

    女は芦城公園の桜の向こうに消えた。

    「ぶつかりゃ良かったなー」

    僕は大いに後ろ髪を引かれた。

     

    母親に「公園の桜は満開やった」と告げた。

    「お天守の桜も咲いたけ?」

    「どこもかしこもいっせいに咲いたわ」

    母は安心して「焼きまんじゅう」を2個喰った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:01 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    北欧に遊ぶ忠平さん。読書もロックだなー。
    ホランさんをあんまり怒らせないようにお願いします。また会いに行きたいです!
    | シキメタル | 2017/04/08 8:56 PM |

    タイトルがいい〜。
    | arison | 2017/04/09 6:18 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955587