RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 初夏近し、戦争近し。 | main | 作家は巨漢でなくちゃあ。 >>
ギムレット飲みたいなー。
0

    4がつ20日  晴れ  起床6時

     

    ウインナー&目玉焼き、レタスのサラダ、トースト、

    りんご、青汁。

     

    昨日は朝から晩まで本を読んだ。

    午前中に一度だけ外出したが、それ以外は

    ミステリに没頭した。

     

    先日、アーナルデュルの「緑衣の女」を読み終えた。

    ヘニング・マンケルからずっと北欧を彷徨ったが、こ

    こらで舞台を変えようと思う。

     

    ミステリ評論家北上次郎によれば、現代ミステリ界の

    東の横綱はマイクル・コナリーで、西の横綱はグレッ

    グ・ルッカらしい。ちなみにマンケルは大関。

     

    僕はその両名とも知らない。

    両名の作品を読む前に、50年代の古典的作品を読みた

    くなった。やっぱ古典は押さえておきたい。

     

    1953年に出版された「ロング・グッドバイ」はどう

    か。作者はレイモンド・チャンドラー。よく聞く名前だ。

    舞台はロスアンジェリース。訳者は村上春樹。

     

    僕の旅は、スエーデンからアイスランド、そして西海岸

    へと飛んだ。

    大戦後の米国西海岸。麻薬、暴力、孤独、経済格差、男尊

    女卑、同性愛、等々。さすがアメリカ。50年代初頭には

    すでに病んでいる。カッコイイ!

     

    主人公フィリップ・マーロウは以外にもコーヒー通。

    なんか、思ってたイメージと違うなー。

    文中に出てくる酒は「ギムレット」ぐらい。でもそれは、

    ホンマものの「ギムレット」だそうで、作り方をさらっと

    バーテンダーに語らしている。

     

    男は常に企んでないといけない。

    いくつになっても。

    「受け身」になったら死んだ方がましだ。

     

    僕はそう学んだ。

    ミステリは「タクラミ」以外の何ものでもない。

    ミステリは読む者にとても元気を与える。

    なぜだか理由は知らないが。

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:18 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    「ロンググッパイ」は「長いお別れ」として清水さん訳で読みました。私はどうも村上さんがダメです
    昔に読んだので「さらば愛しき女よ」も清水さんです
    村上訳「さようなら・・・」ではなくやっぱり「さらば・・・」がチャンドラーにはお似合いかと・・・
    | arison | 2017/04/20 11:52 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955592