RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< アオビョウタンの僕とお前。 | main | カナガソの月 >>
中国と社会主義
0

    4月29日  晴れ  起床4時半

     

    焼き豚、レタス・マヨ、トースト、りんご、

    牛乳、青汁。

     

    昨晩は「えびすや」で酒を飲んだ。

    午後7時に家に帰り、すぐに自室で爆睡。

    かなり酔っ払ってたので、毛布を蹴飛ばし

    腹を出して寝てしまった。

     

    起きると、喉の奥がザラザラしている。

    風邪を引いたか?

    ヤベーなー。

     

    今日の産経新聞「読書」欄。ヘニング・マンケルの

    「北京から来た男」(上・下)が紹介された。

    紹介したのは演劇ジャーナリストの永井多恵子さん。

     

    「日本人にとって近くて遠い中国を知る本でもある」

    その通りだ。僕もこの本を読んで中国の見方を変えた。

     

    「革命以前の小作農の悲惨な暮らしや、白人たちの中国

     に対する人種差別の惨状に胸を突かれた」

     

    「中国が列強国からどれほど収奪されてきたのかをあら

     ためて想起させる」

     

    この本の中でマンケルは、毛沢東の登場を神の再来の如

    くに描いた。中国だけではなく、世界中の若者たちにと

    っても、毛沢東の登場は時代を変えるきっかけとなった。

     

    マンケルは日本なら正に全共闘世代。

    「わたしたちは一斉に、全世界的に、社会主義への賛意を

    示した」。ならばと昔の全共闘闘士に質問した。

    「あなたは毛沢東をどう思いますか?」

     

    ところが、かの闘士は「毛沢東?」と、ビックリした声

    を上げた。「学生運動は毛沢東の影響でしょう?」僕は

    重ねて質問した。でも答えは返って来なかった。

     

    「今の若いもんとわしらは違うんや。わしらは機動隊に向

    かっていったんやぞ!」常々そう自慢してたのにね、残念。

     

    ゴールデン・ウィークは僕には関係なし。

    でも5月3日はドライブの予定。小松の山々を探索する。

    ドライバーはウォーキング仲間のおばちゃん。

    「ひまやからどこでも行くぞ!忠平さん」

    頼もしいなー。うれしいなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    時季はとうに過ぎていたけれど 
    布橋の水芭蕉群生地は 別天地でした。 
    ただひとり 遊歩道を巡っていると 鶯の長鳴き 
    連れ合いを探す唄だと思えるのだが 中々の美声 
    立ち尽くしていると 格好の移動物件と見たのか 
    蜘蛛に 跳びつかれました。 
    静かな 静かな 15分程の ショータイム 
    | 本町住人 | 2017/04/30 12:00 AM |

    小学校の図書館、偉人伝の中に毛沢東があった
    担任の先生は後に共産党の市会議員になった
    大きくなって「ワイルドスワン」を読むまで歴史ある中国をとんでもないことにした男とは知らなかった
    逆もまた真なり
    勝者が歴史を作る

    ワンちゃんとダンナと朝から緑地にお出かけ〜
    ご飯食べて今から昼寝〜
    ゴールデンウイークずっと仕事の中、ささやかなしあわせ〜

    | arison | 2017/04/30 2:01 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955598