RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 初夏に笑う | main | 何も起きないことの贅沢。 >>
小松人はすべて大太鼓を愛す。
0

    5月14日  曇り  起床7時半

     

    肉とキャベツの炒め物、キムチ豆腐、トースト、

    青汁。

     

    昨日は「えびすや」でゆったり酒を飲んだ。

    刺身盛り合わせは甘えびがメイン。それにマグロと

    赤貝が付いた。

     

    焼き魚はイワシにした。

    隣のMさんが注文したイワシが滅茶苦茶旨そうに見えた。

    おでんは肉ダンゴとスジ。皿に取り分けながらホランが、

    「うわー、肉ばっかしや!」これはいつもの嫌味。

     

    イワシは旨かった。

    脂がのって口に入れると瞬く間に溶けた。

    20センチ以上ある立派なイワシだ。それが2尾皿に並ぶ。

    僕は子供の頃のように骨ごとかぶりついた。

    自分がオットセイになった気がした。

     

    それからブラブラ歩いた。

    会社を首になった男に出会った。

    そいつが行きたいと云うので「月光亭」と「カンソ」に行っ

    た。彼は「月光亭」への土産にベビーカステラを買った。

     

    「明日のビクトリア・マイルで勝負します」

    失業した男と僕は誰もいない三日市商店街を歩いた。

     

      「失業保険の金をぶち込みます」

      「一点5千円の3連単を買います」

      「ミッキー・クインが頭です」

     

    彼には妻も子供もいる。

    完全なアホだ。

    「毎日ブログ読んでます」

    「そのせいでアホになったんか?」

    なんて云わないけど。

     

    昼間。祭りの太鼓を聴いた。

    ひとりが細かくリズムを刻み、もう一人はそのリズムに合わせ

    大太鼓を豪快に思いのままに乱打する。

     

      

    「ズッドン・ズッドン・ドンツク・ツクドン・ンッドンドン」

     

    シンコぺーションが身持ち良い。

    「裏の拍」を意識した和製太鼓は他にないんじゃないか。

    ずっと聴いていたくなる。祭りとは宇宙に漂うことかと思う。

      

      「太鼓を聴くと母の胎内に戻るような・・・・」

     

    なんて、キザかなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:18 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    昨日は、ありがとうございました。
    美味しいお酒を頂き大満足でした。

    帰って、セバスチャン(愛犬)にキスを迫った所
    ウーっと軽く吠えられました。

    ビクトリアマイルは宣言通り1点五千円で、6点。
    言わずもがなの、おおボケを喰らいました。
    ルメール大嫌いです。

    本間に読めません。うまくいかんのは、
    俺の生き様。やっぱ、ブルースです。








    | 特注男 | 2017/05/14 4:14 PM |

    その小松の大太鼓とはどんなものかとtubeで聴きました。
    たまりませんね〜。
    太鼓ってなんか原始的でテクニックを問わなければ誰でも叩けるし
    机もたたくし、なんでも叩いてしまう〜みたいな。
    私のところは河内音頭ですが、上手な人の歌い?と太鼓はとても魅力的です。
    | arison | 2017/05/14 7:21 PM |

    御旅祭り 
     お諏訪さんの拝殿で打ち鳴らされる神楽太鼓 
      その打ち手さんも 大太鼓のメンバーです 
       お勧めは YouTube にある 
    「お旅祭り 奉納太鼓2 菟橋神社 20100516 」
      飛び入り参加の男性が なかなかの上手です 

     忠平さんも
     ぜひ体験してください 体にも良いかも・・・ 
    | 本町の住人 | 2017/05/16 11:44 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955605