RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 初夏と笑顔とジャケット。 | main | 夜は金沢香林坊。 >>
消えたバアサン。
0

    6月う16日  曇り  起床1時

     

    目玉焼き、焼き豚とミニトマトとレタスの炒め物、

    ソーセイジ、きゅうりマヨ、小松菜の味噌汁、

    御飯、りんご、青汁。

     

    昨日は早めに寝たので、目が覚めたら午前1時。

    しばらくテレビを観ていたら腹も減ったので、

    午前2時、目出度く朝食を喰った。

     

    いつものように「バイセコル&ウォーク」。

    芦城公園を行くと、若い女のふたり連れが僕の前に

    現れた。彼女たちも駅に向かっているみたいだ。

    ふたりは面接用の黒のスーツを着ている。

     

    僕は彼女たちの後ろを歩いた。

    右側の女はエライがに股だ。

    でも、後ろから見る限り、右の女は筋肉質で顔が

    小さい。もしかすると美人かも知しれない。

     

    でも、凄いがに股だ。

    股に何か挟んでいるように見える。

    僕は自問した。

    「なんで俺は今、目の前の女のことをアレコレ考えて

     いるんだろう。ただの通りすがりじゃないか」

     

    「でも、今、俺の視界に、生きてる人間は彼女達ふたり

     だけだ」

    そうなんですねー。田舎は人がいない。

    芦城公園で人に会うのは、マレですよマレ。

    淋しー!

     

    小松の人口は10万人。

    10万人いてもこんなもんです。

    芦城公園は兼六園並みに手入れされてる。

    でも、誰も来ない。

     

    昔は子供の遊び場だった。

    サルがいたしクマもいた。タヌキもいた。

    もちろん檻の中にね。

    しなびたバアサンがラムネを売ってた。

     

    公園をキレイにすると人が来なくなった。

    何か、うどん屋みたいやな。

    昔から云うでしょ、うどん屋をピカピカに改装した

    ら駄目って。

     

    そう云えば、古びた割烹着のしなびたバアサン。

    完全にこの世から消えたんじゃないの。

    この世の不幸を一身に背負ってた。

     

    昔はそこら中にいたなー。

    子供だからって関係なしに怒ったバアサン。

    ほんと、いなくなったなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 15:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    忠平さん、男です。正常です。
    目の前に女体があれば、あれこれ考えるのが、
    当たり前、特に若葉が燃えるこの頃には、
    うずくんですよね。

    これ、前を行くのが男であったら、あっちの人でしょ。
    それにしても、がに股は、その物自体罪はないのにね。

    想像というか妄想は自由の産物。頗る文学ですよ。
    袖触れ合うも他生の縁。求めているんですね。
    だからと言っても、都会の孤独。

    田舎が悪いとは言わないが、美人は圧倒的に都会が…
    それも思い込みか。本当は出会わんもんね。
    淋しいー!

    | 特注男 | 2017/06/17 10:11 AM |

    忠平さんのマッツでのLIVEの時間つぶしに芦城公園ぶらぶらしました。小雨だったのもあり、人はいませんでした
    でも公園は心地よかったです
    雨がひどくなったので図書館にも行きました
    そういえば6月19日でしたね〜

    大阪のおでん屋で升にお酒を注いてくれるのは割烹着を着た
    おばあちゃん達でした〜
    はるか昔の話〜です
    | arison | 2017/06/21 8:44 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955622