RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 横浜の男金沢で歌う。 | main | ソファ欲しいなー。 >>
ミステリー・ジャパーン!
0

    6月22日  晴れ  起床5時

     

    ソーセイジ入り中華スープ、卵焼き、青汁。

     

    ホット・カーペットを捲り、絨毯を捲り、コタツを

    かたずけ、ようやく部屋を夏用に変えた。

    買ってから一度も掃除してない扇風機を洗い、つ

    いでにトイレも洗った。

     

    ヘトヘトになり、次の日は寝てばかりいた。

    でも、夏用になった部屋は涼しげで、僕は机で本を

    読んだり、釣りのリールをいじくったりして過ごし

    た。

     

    イアン・ランキン「黒と青」の舞台は前にも書いたが

    スコットランドのエジンバラ。でも途中からアバディ

    ーンと云う街に舞台は移る。

     

    ここは北海油田の基地の街。

    リーバス警部は石油を掘るプラットホームへ、ヘリコプ

    ターで訪れる。殺された油田作業員を調べるために。

    北海には何百と云プラットホームが立ち、石油を海の底

    から吸い上げている。

     

    吸い上げつくせばそのプラットホームは無用となり、取り

    壊される。でもそうするには莫大な金が掛かり、石油会社

    にとってはかなりな負担だ。

     

    撤去工事を安く上げようとすれば、深刻な環境破壊が生じ

    る。いや、この本を読めば、北海はすでに死の海だと想像

    できる。

     

    石油会社はほとんどが米国企業。彼らはやりたい放題の

    限りを尽くし利益を追い求める。

     

    スコットランドはこの石油で喰っている。

    僕はまったく知らなかった。

    他にめぼしい産業はなく、街は荒れ果て、若者たちにも

    スコットランドにも未来はない。

     

    なんてね、これじゃあイアン・ランキンの鵜呑みだけど。

    近い気はする。こう云う事を想像するのが楽しい。これミ

    ステリの醍醐味かも。

     

    ー日本の現実のミステリー

     

    籠池氏はもらった100万円を安倍邸に返しに行った。

    わざわざ大阪からそのため上京したのか?

    そんな行動を普通はとらない。

    とても奇妙だ。

     

    こんなことを彼が独自で考えたのか?

    彼は追い詰められているのに顔色がもの凄く良い。

    肌つやが事件の前より良い。

    誰か、後ろに、いるんじゃないか?

    彼を動かしている、誰かが、存在するんじゃないか?

     

    ミステリですねー。

    よく分からんね。

    経済的に困窮してる気配がまったくないもん。

    なぜこうも堂々としていられるのか?

    さあ、みなさん、キッチリ考えましょう。

    とんでもないもんが見えてきたりして、ウヒヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    ヒロミ・ゴーの「ジャパン!」が聞こえてきました。

    おや、淀川さんの声も、
    「何が出るんでしょうかね。」「楽しみですね。」「たのしみですね。」

    案外、鼠一匹、見えたは枯れ尾花、ってとこ。
    どっちでもいいんですが、あの浪花のおっさんのテカリ顔、異様ですね。この状況でも飯が旨いんやろか。まともに飯が食えるんやったら相当のもん。

    厚顔無恥・破廉恥・魑魅魍魎、言葉で尽くせぬ、妖怪泥沼。
    何にせよ、そうでないと世渡り、世過ぎは叶わないか。

    それにつけても6月は、年貢を納めねばなりません。
    ちょいと、浮かれているうちに金策を・・・・・

    | 特注男 | 2017/06/22 12:34 PM |

    百万円は もとより受け取ってもらえないこと 承知の助 
    弁理士弁護士など 誰かに供託する気も 全くない 
    帯封付き百万円は 見せ金の 上下二枚の一万円 あとは 
    白紙98枚の束を 報道陣に見せるための パフォーマンス 
    これを見せられたからには 詐欺師 ペテン師 間違いなし 
    ABE夫妻の間違いは こんな人に 関わったことにつきる 
    | 本町の住人 | 2017/06/23 3:06 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955625