RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 俺って退廃? | main | 今年の夏は頑張るぞ! >>
何が天然や!養殖で充分!
0

    7月15日  晴れ  起床5時

     

    生姜焼き・ナス炒め、卵巻き、きゅうりマヨ、

    ご飯、モモ、ヨーグルト、グラノーラ、青汁。

     

    いつものように。

    自転車を市立図書館の駐輪場に停め、リュックを

    担いで、マッツまでウォーキング。

    歩き始め汗は出なかったが、駅前に差し掛かった

    あたりで、噴き出して来た。

     

    マッツで着替え。

    T−シャツ、半袖シャツ、半ズボンを着替える。

    朝にシャワー浴びてるもんだから毛穴が開いて、

    半端じゃない量の汗が出た。

     

    タオルを水に浸して体を拭いた。

    余計に汗が出る。また拭く。また汗が出るを繰り

    返す。

     

    着替えたT−シャツは、汗で、すぐにレロレロ。

    こう云う事もあろうかと、着替えのシャツは6枚用意

    してある。ウヒヒ、どんどん汗かけや!

     

    ウナギを断って数年がたった。

    絶滅危惧種ときいて、喰う気が失せた。

    フィリピン、マミアナ沖で生まれたウナギの稚魚は、

    長い長い旅をして、親が生まれた山奥の、鎮守の森に

    ある池に辿り着く。

     

    こんないたいけな生物をよく喰えるもんだ。

    血も涙もないとはこのことだ。

    牛やら豚やらいろいろいるんやから、ウナギだけは

    堪忍してやってや!なんて、無理やわな。

     

    最近は、ジビエなんて云う恥知らずな料理が人気だ

    そうな。ほんと、他に食い物あるんやから、森の中

    で栄養失調になったイノシシ喰うのはやめて!

     

    「天然の生き物はおいしい!オホホホホ」

    あのさ、なんで「魚釣り」が成立するか知ってる?

    全ての魚は常に腹が減ってるからなのね。

     

    魚はいつも飢餓状態な訳ね。

    だから人間の投げたエサに喰いつくのよ。

    もし満腹してたら「魚釣り」は成立しないわけ。

     

    ほんなら。

    熊やイノシシやシカはどうでしょう?

    彼らもまた飢餓状態なんでチュねー。

    栄養満点の野生生物は、ほとんどいないんじゃないの。

     

    でもまあ、他人の勝手やから。

    ウナギでも、ジビエでも、バコバコ喰えばいい。

    そして、飽食したその口で、世界平和を唱えればいい。

    なんてね、敵意丸出しやなー。

     

    やっぱ一日一回は「ハーーーーーーゲ!」聴かんとなー。

    調子が出ん。「けっこう可愛いいがな」なんて云って、

    「えびすや」のホランに「変態や!」云われたし。

     

    そやけど、女がおこったら、大体あんなもんや。

    小池百合子も同じようなもんやろ。

    東大法科出よが、ハーバード出よが、女は女。

    そんな女に逆らえんのやから、男はクズやな。

    もちろん僕もクズ。

    トランプもクズやったりして、ウヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:13 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    大阪オンナが怒るとどんな美人でも
    「おっさん、何してんねん!」くらい当たり前です〜
    あの方のように歌までは出ませんが・・・

    ほんま丸出しですね〜おもしろいですね〜
    おいしいうなぎは食べたいです
    でも土用の丑の日に食べるのはやめました
    なんでその日だけ高いねん!
    2、3日づれたってそれがなんやっちゃううねん・・・です

    最後のまわりまわってで チャンチャンですわ
    | arison | 2017/07/15 9:46 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955636