RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 馬鹿がいなくちゃ始まらねえ。 | main | 医師にからむ理由は? >>
抱きしめたい
0

    8月3日  晴れ  起床4時半

     

    フレンチ・トースト、ヨーグルト、きゅうりマヨ、

    温泉卵、モモ、青汁。

     

    昨日はいい天気だった。

    風が涼しく、まるで秋になったみたい。

    僕は小松駅に自転車を走らせた。

     

    入ってきた特急「しらさぎ号」に乗って、金沢へ

    向かった。行先はもちろん金沢競馬場。

    最初は笠松の場外。午後3時からは川崎ナイターの

    場外がある。

     

    今日は場外売りなので、観覧席には誰もいない。

    売店の「焼きそば」を買ってきて喰った。

    足りなくて「おむすび二個セット」を追加。

     

    風は相変わらず涼しい。

    冷房がいらないくらいだ。

    肝心の馬券はと云うと、これが触らない。

    まあ、久しぶりに来て、勝たしてくれるほど公営は甘

    くはない。

     

    川崎の1レース目の3連単がまぐれで当たり、それを

    元手に4レース目まで粘ったが、当たる気がしないの

    で、午後17時05分発の無料バスで、競馬場を後に

    した。

     

    帰りは金沢駅から鈍行電車。

    窓の外の、田んぼと畑の緑に見とれる。

    光が、見えるものすべてを鮮やかにしている。

     

    僕の向かいの席の若い女は、金沢から小松まで、一心

    不乱に携帯をいじった。
    ときどき、電子音が漏れたが、女は周りを気にするで

    もなく、僕に遠慮するでもなく、黙々と携帯と格闘し

    続けた。

     

    夕暮れの光は、子供の頃の夏を思い出させた。

    おまけに、忘れていた「夏の匂い」をよみがえらせた。

     

    男と女とか、親と子とか、成功とか失敗とか、

    そんなものは消えた。
    そこには、「夏」だけがあった。

    「夏」は、天に向かいそびえていた。

     

    子供の頃と同じ「夏」。

    昆虫と、魚と、スイカと、冷たい小川の水と、太陽と。

    「夏」といっしょにいたい!今年は!

    柄にもなくそう思う。

     

    君といたい。

    君を抱きしめたい。

    安物の歌詞が、口からこぼれた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:24 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    いつくになっても夏はうれしい〜

    すだれ、打ち水、風鈴、かき氷、蚊取り線香、
    洗濯ものがよく乾く、海に行き波と砂と水の青さに感動する、
    風情、心情、その他もろもろ
    汗だくの後のシャワーとアイスクリーム・・・たまらん
    | arison | 2017/08/04 12:34 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955645