RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夏よ粘れ!行くのはまだ早い | main | 我が儘云うなて! >>
女は長風呂が好き
0

    8月17日  晴れ  起床6時

     

    トマトと茄子と鶏肉の炒め煮、ヨーグルト、

    梨(今年初めて)、青汁。

     

    朝、初物の梨を喰う。

    甘くて旨い。やっぱ秋なんかね。

     

    リュックに、弁当、単行本、長ズボン、

    T−シャツを入れ、自転車でマッツへ。

     

    市立図書館に自転車を置き、クソ重いリュックを担いで

    ウォーキング開始。10分歩くとリュックの重みがこた

    えてくる。

     

    左手が痺れた。

    どうも血が通ってない。

    息も苦しい。ここからが我慢。

    20分歩きマッツに到着。

     

    航空石川は花咲に負けた。

    相手は埼玉代表。どうにも力の差があったなー。

    「初回の5点がなければ」なんて思うけど。

    仕方がない。お疲れさんでした。

     

    昨日は妹とふたりで墓参り。

    16日ともなると市営墓地はガラガラ。

    おまけに、目印の建物が無くなっていて、墓の

    場所が分からず、一瞬、パニックに。

     

    しばらくして妹が墓を発見し、墓参りは無事終了。

    家に帰り食事となる。母ははりきって料理を並べたが、

    「この部屋さむーい」と妹が云いだし、母は僕に嘆願

    しクーラーを切った。

     

    妹はクーラーをいっさい使わない暮らしをしている。

    それは勝手だけど、他人にも強要する。

    実に迷惑な女だ。「だってクーラー使わない方が体に

    いいもん」。そんなこと、誰が決めた!

     

    こう云う、無農薬野菜じゃないと駄目とか、「私、テ

    レビ観ないのでよろしく」とか、チャラけた自然主義

    派は実にうっとおしい。まあ、○○系ね。

     

    「わたし・お風呂・少し・長いので・よろしく」

    アホか!風呂ん中で何する気や!

    早よ上がれや、迷惑や、クソ○○!

     

    二人しかいない兄と妹が、右と左に分かれてる訳で。

    天皇の戦争責任を強く問う母は、当然妹に近い。

    いや、何のかんの云って、女は「左」が多い。

    そんなもんかもね。


    今年の8月15日、産経新聞「正論」は新保祐司さん。

      

       −「平和」の中に滅びた日本人の徳−

     

    「戦争はあらゆる技術の基礎であり、人間のあらゆる

     高き徳と能力の基礎である」  BY  ラスキン

     

    ー近代日本の歴史を振り返っても、人間の高貴な精神を

    発揮した数多くの行為が、日露戦争や大東亜戦争という

    「戦争の中に生まれ」、日本人の伝統的な徳の多くが、

    戦後の長き「平和の中に死んだのであること」を「見い

    だす」からである。ー       BY  新保裕司

     

    「戦争によって作り上げられた徳が、長い平和によって

     消滅する」。なかなかに云えてる。その通り。

     

    と云うことは、戦前の方が精神的には遥かにマシだった

    訳で。これは納得がゆく。○○系はこんな意見をどう聞

    くのかね?まあ、何とも思わないに決まってるわな。

     

    ○○系が望むのはオーガニックと長風呂だったりして、

    ウヒヒヒ、けっこう当たってんじゃないの、ウヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:03 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    父は民社党、母は自民党そんな中、学生の私と姉は社会党〜でした
    小学校の教師は共産党をおしてました
    いつのまにか社会党はどこかに行ってしまい、左のやってることに対していつしか違和感が芽生え、そこまで言って委員会を見続ける私は今や完全に維新です
    あなたはあなた、私は私で同じように幸せなら強要はしてほしくないなあ〜って思いますね
    | arison | 2017/08/20 8:59 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955652