RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 夏の終わりのミレニアム | main | スエーデンかぶれかなー? >>
心変わりの夏なんです。
0

    8月25日  雨  起床5時半

     

    ナス焼き、トマトと玉ねぎの炒めもの、ナスの漬物、

    ご飯、ぼた餅、青汁。

     

    伊豆でここ数日をのんびり過ごした。

    飯の時間以外は、ミステリを読んだり眠ったり。

    今回は伊東競輪にも、釣りにも行かなかった。

     

    「ミレニアム1・ドラゴンタトゥーの女」

    上・下を読み終えた。噂にたがわぬスケールのデカサだ

    った。主人公は経済ジャーナリスト。彼は経済界の大物

    に立ち向かう。大物はかなりな悪党。

     

    それにしてもスエーデンの性暴力の蔓延はすさまじい。

    強姦された女の92パーセントは泣き寝入りとか。

    女性のほぼ半数が、男から暴力を受けた経験があるら

    しい。

     

    「豊かな社会主義国」の實相は、女性蔑視と女性への暴力

    で満ちた社会だった。

    作者のスティーグ・ラーソンはそのことを訴えたかった。

    社会のうっぷんは弱い女に向かう。

    なんともなー、良い国なんて、ないわなー。

     

    伊豆にいる間、新聞は朝日を読む。

    妻は朝日を取っているが、全く朝日を信用していない。

    「そんなら取るなや!」だけどね。

     

    朝日のオピニオン&フォーラム「安保考」。

    この日のゲストは、元自衛艦隊司令官、香田洋二さん。

    この人が面白いと云うか、日本人の盲点を突く発言を

    した。

     

      大多数の国民は日米安保で米国は日本を守って

      くれると思っているが、違う。

      日本を守るのは自衛隊です。

      

      米軍の守り方は、日本への侵略を抑止する、戦争

      が起きても早期に終結させる、日本の被害を最小

      限にするために相手国を攻撃する。

     

      物理的に日本を守ることではない。

      例えば尖閣諸島程度の小島を米軍が

      守るはずがない。

     

    これが国防の基本。米軍が日本を守るのではなく、自衛

    隊がこの国を守っていると。盲点と云うか、国民の誰も

    が米軍が守ってくれると思い込んでるけどね。

     

    話は戻る。

    「ミレニアム1」の中で、主人公が或る富豪にやとわれ、

    一年間を或る場所で過ごさねばならなくなる。その時に

    彼が持ち込んだ機材に、僕はおおいに興味を持った。

     

    僕はパソコンやOA機器に全く興味がなかった。

    だから、完全に落ちこぼれている。でも、どう云う訳か

    今回は色んな「モノ」に興味が湧いた。

     

    作品は10年以上前に書かれた。

    彼が「本を書くため」と「犯人を割り出すため」に持ち

    込んだ機材の一部を書き出す。僕にはとても魅力的なん

    だけど。

     

       サンヨーの口述用録音機

     

       マイクロテックの小型スキャナー

     

       インクジェットモバイルプリンター

     

       ミノルタのデジタルカメラ

     

       ノートパソコン i BOOK

     

       ブロードバンドケーブルの設置

     

       ADSLの設置

     

    どうだろう。

    僕はこれらの機器をそろえようかと思っている。

    もちろん自室に。

    「本を書く」つもりも、「犯人を割り出す」仕事を

    請け負った訳でもないが。

     

    僕には知らない世界。

    ノートパソコンとやらを買いたい。

    「サンヨーの口述用録音機」に、デモを録音したい。

     

    まずは、自室のデザインからやらないといけない。

    机と椅子の購入から始めよう。

    なんか、楽しくなってきたぞ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    100歳まで長生きしそうな作家・作曲家の意気込み。 
    小さな火でも 火フキダケは必要。 
    “少しのことにも、先達はあらまほしき事なり” 
    というわけで、高橋君 決して源一郎さんではない 
    いつもの高橋君、あるいは モリカン に御相談あれ。 
    ゆめゆめ 高いモン買いの 無用の長物 にならぬ様 
    ご注意を。 まず、最初は 手近にある家具で 厚手の 
    座布団と専用の座卓でよろしいのでは・・・。 
    | 本町の住人T | 2017/08/25 5:29 PM |

    自分の世界が広がると思います
    どの世界(っていうか科目?)とつながりたいかは人それぞれですけどね〜
    私は去年の12月からスマホにしました
    なぜならフツーの携帯ではだんだんやりたいことができなくなってきたからです〜
    スマホ持ってみてこ〜んな便利なのかと仰天しました
    ほんまかいなあ〜の感覚でした
    興味を持てばまだまだいろいろやれます〜
    たのしい〜です
    | arison | 2017/08/25 8:43 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955655