RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 俺のスーツに文句あっか! | main | 日本の力を信じている。 >>
嵐はただすべてを吹き飛ばすだけ。
0

    9月16日  曇り  起床6時半

     

    茄子とピーマンのオリーブオイル焼き、目玉焼き、

    トースト、牛乳、梨、青汁。

     

    昨晩午後9時。

    月光亭より電話。

    「大阪からファンの方がみえてますが」

    「昨日はやってなかったね」

    「すみません、では無理ですね」

    「いや、すぐ行きます」。

     

    大阪の男は57歳。

    かなり熱心なファンで、めんたんぴんのCDを持参

    していた。僕らを初めて観たのは大阪「エイワ」ら

    しい。出演は「サンハウス」と「めんたんぴん」だ

    ったとか。

     

    「毎月一度は拾得で観てました」

    彼は京都の大学に通った。

    そして、青春をめんたんぴんと共に過ごした。

     

    「忠平さんのブログ観てますから」

    彼はなんと「えびすや」で、すでに酒を飲んでいた。

    そして「月光亭」を訪れ、ママに事情を話し、僕が

    現れるに至った。

     

    彼を「カンソ」に誘った。

    ここなら「めんたんぴん」を、気のすむまで掛けられる。

    彼は「ゴー・トゥ・アルカディア」を選んだ。

     

    僕はCDに合わせて歌った。

     

      降り注いだ雨が ようやく上がったとき

      いくつもの太陽が 現れた

      ある者は喜び ある者は怯え

      時が過ぎゆくのを 待っていた

     

       大気を貫き 差してくる光

       あらゆるものを 通り抜け

       影はどこにも 見つからない

       言葉は誰からも 聴こえない

       沈黙の パニック

       声のない祈り

     

    小松・中の峠スタジオ。

    ラージ・モニターから、僕の作ったデモテープが大音量

    で流れる。それに合わせて、柴田徹は次々と、メモを書

    くように、歌詞を書きなぐった。

     

    思いつくままに。

     

    2行、或いは3行、詞が書かれた紙きれを集め、歌って

    みる。何度も。いや、たいていは一度で、ほとんどの詞

    は歌うことが出来た。

     

    歌詞は即興で書かれた。

    かなりなスピードで。

     

    「意味」より大切なものがある。

    残したいものがある。

     

    日常の切れ目から、ポエットは溢れて出てきた。

    バス・ドラムが心臓に取って代わる。

    スネア・ドラムが「時」を生み、「時」を止めた。

     

    高校の同級生ふたりは、体と体を寄せ合い、

    黙々と作業した。

     

       大海を渡る 鳥の翼に乗って

     

    情景が目に浮かんだ。

    気持ち良さそうだと思った。

    詞を書いてる間中、柴田は笑っていた。

    とても、ご機嫌だった。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:01 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    私も行く〜。ハハ
    | arison | 2017/09/18 11:54 AM |

    この女性ヴォーカルの北中さんの声大好きです〜。
    | arison | 2017/09/18 12:02 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955665