RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< あの秘書はカス野郎だ! | main | 死ぬ確率は五分と五分。 >>
必死な女を嗤うな!
0

    9月23日  晴れ  起床7時

     

    茄子とピーマンのオリーブオイル焼き、卵巻き、

    トースト、牛乳、りんご、青汁。

     

    伊豆伊東のイタリアンで喰った「焼き野菜」が忘れ

    られない。ズッキーニが、あんなに旨いとはね〜。

    あれ以来、ときどきズッキーニを買うようになった。

     

    茄子で試したら、ズッキーニに負けず旨かった。

    茄子とピーマンは、お隣からどっさりもらう。

    それで毎朝、オリーブオイルで焼いて喰っている。

     

    熱々の焼き上がりに、醤油を少量たらす。

    箸でつまんでガブリと噛む。茄子の甘味が口中に広が

    る。ピーマンの歯ざわりと苦味は、朝のアクセント。

    これは旨い。まだまだ、飽きない。

     

    昨日は自転車で小松市民病院へ。

    案の定、混んでいて待たされた。

    僕はミステリ本を持って行った。

     

    デニス・ルへイン著「闇よ、我が手を取りたまえ」。

    彼の描くミステリはボストンが中心。

    米国東部は平穏かと思っていたが、いやいやどうして。

     

    ボストンには、マフィアやら異常者やらがわんさかいる。

    平和な日本で育った女の子が、例えハーバードへ入った

    としても、僕なら留学させない。犯罪者の餌食になるの

    が目に見えている。

     

    豊田真由子代議士はハーバード大を出てる。

    なるほど。あれくらい迫力がないとボストンでは暮らせ

    ない。政治の世界で必死に生きる女を、福井の男はマス

    コミに売った。民進党から出る?ふざけるなよ!

     

    僕は山尾代議士は嫌いだが、尊敬はしている。

    共産党の候補は別だが、やはり、選挙に出る人は偉い。

    評論家の100倍は確実に偉いと思う。

     

    豊田氏を責める気持ちは、僕にはまったくない。

    反対に、マスメディアのコメンテイター達が、彼女をあ

    ざ笑うのが情けない。

     

    24時間、立派な人間がいますか?

    なぜ、彼女のプライバシーを録音した男を批判しない?

    もし、寝物語でも、あなたたちは録音した男を責めない

    のか?

     

    かばってやれよ!男だろうが。

    あんたらこそゲスだ。

    彼女は必死だった。

    なんで、そう思ってやらんのか。

    必死で生きる女を、嗤う権利は誰にも無い!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:12 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    まったくその通り〜パチパチパチ
    公共の場でやったかやらないかを口に出すことの方がゲスでございますよね〜ほんでやね、なんでホンマのことをアンタらに言わなあかんねんとも思います
    ひとりで勝負の会見をした豊田さんもえらい!
    腹をくくったオンナをばかにしてはいけない〜
    オトコなんか3,4人そろわないと会見もようしやんのにね〜

    ★今年ほどズッキーニを食べたことはなかったです
    ほんと焼きズッキーニおいしいですよね
    おすすめは人参、それも有機人参ならなおいっそう良い
    めちゃくちゃ甘くておいし〜です
    | arison | 2017/09/23 10:49 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955668