RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 枝野が一番卑怯者! | main | 壊れた原因 >>
秋は何処へ!
0

    10月7日  晴れ  起床4時

     

    おじや、鶏肉のトマト煮、さわし柿、

    ヨーグルト、青汁。

     

    「今年は秋がなくてすぐに冬や」

    みんなそう云ってる。

    「その内、春もなくなって、夏と冬だけになるわ」

    年寄りのタクシー運転手が云った。

     

    そうかも知れない。

    いよいよ日本は二季の国か。

     

    デニス・ルへイン著「ミスティック・リバー」を読み

    始めたが、なかなかに引き込まれる。

    「少年時代」を書かせたら、ルへインに適う者はいな

    いんじゃないか。

     

    小松生まれの少年も、ボストンの少年も、感じてること

    、思ってることが同じとはね。

    彼は天才かも。

     

    物語は、三人の11歳の少年が主人公。

    三人は25年後に、再び関係を持つ。

    クリント・イーストウッドが映画化した。

     

    僕は文庫本で十分。

    やっぱ、寝転んで読みたいし。

    佳境に入ったら、机に座って読めばいいし。

    ガラガラに空いた、新幹線の車内で読むのもいい。

     

    今回の衆議院選挙に興味が持てない。

    なんか面白くない。

    何故か、見たくないものを見てしまった感じがする。

     

    結局、小池百合子ひとりを見ているだけだ。

    ガラーンとしている。熱も狂騒もない。

    「俺には関係ないわな」

    ニヒルになってしまう。

     

    日本経済が先進国の中で、唯一下降したのが分かる気が

    する。日本人の頭の中は空っぽだ。

    全てのボタンを掛け違えたと思う。よって、確かなもの

    がほとんど無くなった。

     

    実験は失敗した。

    最初は良かったが、時間が経つと、耐えられなくて瓦解

    し始めた。

     

    北朝鮮が発する「熱」がまぶしい。

    北と米国が罵り合えばあうほど、心が冷めてゆく。

    日本は、決定的に、わき役に堕ちた。

    これから、世界がどうなろうが、主役の番は来ない。

     

    そんな位置を選んだのか?

    カスな生き方を望んだのか?

     

    小池百合子ひとりにかき回された。

    彼女に対抗する男はひとりもいない。

     

    何もかもが、冬の闇に飲み込まれてゆく。

    ずぶりずぶりと、濁った沼にはまり込む。

    暖房装置のない部屋で、日本は冬を乗り切れるか?

     

       ー ムーンライト・マイル ー
        

        随分 遠く離れてしまった

        いつか 冬が来た

        僕は 凍てついた場所にいた

        君のもとには 帰れない場所に

     

        ここは 月明りさえ 届かない

        僕は君に 手紙を書いた

        そうしなければ 長い冬を

        どうして乗り切れよう

      

        君のもとに 帰りたい 

        君のもとに 帰りたい

        僕は 届かない手紙を書いた

        

        足が凍り 背中が凍り 手が凍った

        息が凍り ついに 脳が凍つた

        それでも生きていたが

        最後に 血が凍り 僕は粉々に砕けた

        

        何もかもが 消えた

        消えた

        消えて 無くなった

        

        ムーンライト・マイル

        ムーンライト・マイル

        

        君は今夜 月を見てる

        君は今夜 月明りの下で

        誰かと ダンスしてる

        

        愛する人よ 僕と ダンス

        今夜は 僕と ダンス

        ダンス ダンス ダンス

        そして

        ダンス

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:56 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    「ミスティックリバー」映画で見ました
    私はもっぱら映画ですわ〜
    ようできてましたよ
    イーストウッドってなんかすごいですわ〜
    ヴァンダラーもシーズン2が始まりました
    海外ドラマはものすごおくおもしろいです

    私にとってのムーンライトマイルは
    ♪オレの足は氷になって動かすことができない・・・かな
    | arison | 2017/10/08 8:42 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955674