RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 秋は何処へ! | main | 伊豆の秋の一日 >>
壊れた原因
0

    10月8日  晴れ  起床4時

     

    鶏胸肉のトマト煮、卵巻き、肉団子、

    フランスパン、牛乳、さわし柿、青汁。

     

    午後9時を過ぎると眠くなる。

    それで、午後10時には寝ている。

    そのせいで、朝がメチャメチャ早い。

    今朝は、午前1時45分に目が覚めた。

     

    いくらなんでも早い。

    布団の中で、何を喰おうか考えているうちに

    再び眠った。

     

    先日も書いたが、東京は、東京生まれに返した方が

    いい。地方で生まれた者が、ノコノコ上京するから

    「東京一極集中」なんて、発展途上国みたいな現象

    が起きる。

     

    余程の美形に生まれたか、才能があるけど何の才能か

    分からない人だけが、「すみませんね」と云って上京

    すればいい。

     

    東京一極集中は、愛国心の喪失が原因。

    いや、愛国心は僕も喪失してると思う。

    愛国心がなくなると、「一族郎党」意識は、消える。

     

    自分がどの一族で、どこの誰の子孫かが、どうでも

    いいとなると、人間としてどうかと思うが。

    次に「故郷」への愛が消える。

    故郷は「昔遊んだ場所」に過ぎなくなる。

     

    血の流れが切れてしまえば「流れ者」となる。

    「東京一極集中」とは、言葉を変えれば「一億総無宿」

    だ。自由人はいつか流れ者と化した。

     

    普通の国の普通の人間なら、故郷から出たくないはずだ。

    何故なら、大都会は、普通に云えば、犯罪者の集まる街

    だからだ。

     

    スウェーデンならば、ストックホルムは犯罪者の街であ

    り、ストックホルムで生まれた人間以外は、誰も住みた

    がらない。

     

    田舎で生まれた者が、東京に住みたがるのはどこかおか

    しい。かなり不気味。

    日本人はみな、根無し草になりたがる。

    政治家はどう思うのかな?

     

    実験はやめてね。

    「憲法9条の元で生きる」実験。

    なんせ「交戦権は、これを放棄する」だからね。

    余程の変態じゃないと、こんな条項考えないから。

     

    ドイツは戦後すぐに共産党を禁止した。

    共産主義の為に、東ドイツ同胞はトタンの苦しみを味わっ

    ていた。

     

    日本は今も、国立大学が共産主義者を生んでいる。

    東大を見れば、金沢大学を見れば、分かる。

    国立大学は「反日左翼の巣」だ。

     

    共産党が「守って見せる」って叫ぶんだから。

    日本国憲法は相当にヤバイ。

    もういいんじゃないか。

    これ以上続けるのは。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955675