RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 伊豆の秋の一日 | main | ハイ・ブロウな女。 >>
ミステリは生まれた場所から。
0

    10月14日  晴れ  起床5時半

     

    トースト、卵巻き、りんご、青汁。

     

    伊豆で遊び過ぎたのか、体の節々が痛む。

    確かに、坂道を登ったり降りたり、よく歩いた。

    筋肉痛と云うより、潤滑油が切れた感じ。

     

    留守の間に、母親は小池百合子の大支持者になって

    いた。元々好きそうだったが。

     

    「小池さんの云う事はよーく分かる。枝野の云うと

     る事は、なーんも分からん」

     

    枝野は話をごまかす名人。

    論点を外すワザは政界で一番だ。

    でも彼は、批判以外の才能を持ち合わせていない。

    おまけに、根底には「虚無」があるような気がする。

     

    立憲民主は旧社会党になるだろう。

    「アキラメタ」人間は、「創造」からは遠い。

    彼はしゃべり過ぎだ。「創造」から逃げ回っている。

     

    枝野に「改革」は無理。

    彼は「反対」しか出来ない。可哀そうな男。

    政治家には全く向いていない。

     

    なんと云うか、政治家は馬鹿じゃないと無理だ。

    馬鹿じゃないとアイデアは浮かばない。

    そして馬鹿は、嬉々として、アイデアを実行する。

     

    この「馬鹿」には、「独りよがり」「アホさ」「余裕」

    などが含まれる。「偏執狂的」「生まれつきの熱狂家」

    「ええかっこしい」「劣等感の塊」も、当然含まれる。

    これすべて枝野氏にはない。

     

    話は飛んでミステリに。

    「ミスティック・リバー」「シャッター・アイランド」

    等の作者、デニス・ルヘインは、ボストンを舞台にして

    ミステリを書いている。

     

    ルへインがボストン以外を舞台にしたミステリを僕は読

    んでいない。ヘニング・マンケルも、誰もかれも、海外

    の作家は、生まれた場所か、育った場所か、舞台は一カ

    所に限定している。

     

    場所は変えず、時代設定を変える。

    日本の作家はどうだろうか?

     

    「生まれた場所」に対する嫌悪も、愛着も、どちらもな

    い「歌」や「物語」が、果たして成立するんだろうか?

     

    「生まれた場所」とは、少年期、少女期のことだ。

    僕が受けた影響は以下の通り。    

     

        僕の6人の家族

        降りかかった貧乏

        堪えた父と母

        大雪と台風

        ストーンズとの出会い    

        小松高校入学    

        初恋    

        地方の時代の到来    

        父の復活

        

    多分、これら一つ一つでミステリを書ける。

    でも、僕は残念ながら、ミステリ作家じゃない。

    冗談だけど。

     

    人生は決して派手じゃない。

    人生は滅茶苦茶地味だ。

    でもそこに殺人が起きれば?誰かが誘拐されれば?

    そんなことは実際には起きなかったんだけど。

     

    もし、起きたとしたら?

    立派にミステリになる。

    ならば歌はどうか?その答えは?

    僕は歌うたいですからね。

    答えなんて云いません。

    ハイな!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 22:09 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    シャッターアイランドも映画で見ました。なんだか忠平さんのブログで映画の元小説の作家を知るかんじです。

    先日ヴァンダラーと書いてしまいましたがヴァランダーですね
    ヴァランダーVS父、VS娘の関係が胸に詰まります
    生きるとは あれかこれかの選択の連続ですよね〜
    あれもこれもはあんまりナイかな
    悲哀・・・そんな感じのヴァランダー〜
    彼もその地に生きてます
    | arison | 2017/10/15 1:00 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955677