RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 兵士は何を喰っていた? | main | 伝統文化の安売り。 >>
実は国際紛争か?大相撲。
0

    11月26日  晴れ&曇り  起床6時

     

    フランスパンでハチミツ・トースト、

    鳥肉・茄子・ピーマン焼き、卵焼き、

    ヨーグルト、牛乳、りんご、青汁。

     

    柿ピーナッツを喰いたいと思わなくなった。

    あんぱん、ぼた餅、バウムクーヘン。

    それらもまた、遠くなった。

     

    88キロまでは、何があっても突き進むだけ。

    頭の中から、そもそも「淫らな食欲」を取り除かねば。

    「淫らな食欲は排除いたします!」

    「排除はいかんよ君!排除は」

    葛藤している。

     

    確か、朝鮮総連の跡地をどうするかモメたときに、

    「買いたい」と手を挙げた坊主が、貴乃花の後援者

    として登場した。

     

    これはもう国際的なトラブルなのかも。

    日本VSモンゴルVS北朝鮮。

    結局、軍事力を持たない日本相撲協会は、土俵にあげ

    てもらえない。

     

    そう、縮図ですよ縮図。

    今の日本の状況が、そのまま相撲界に現れただけ。

    日本人の親方は、横綱が部屋にいる恩恵をむさぼり続

    けた。

     

    懸賞金を左手で受け取るな!とか。

    足の裏の土を土俵の俵で拭くな!とか。

    それすら親方は、モンゴル横綱に注意出来ない。

     

    昨日の結びの一番。遠藤対白鵬戦。

    テレビ等で観た人もいたと思うが。

    あれが相撲だろうか。

    あれは訳の分からない格闘技だ。

     

    遠藤は石川県出身だからひいき目だけど。

    幕下9枚目の力士相手に、「大横綱」は立ち合い、

    左ひじで、遠藤の喉から顔面を殴りつけた。

     

    遠藤は瞬間、脳震盪を起こしたかに見えた。

    彼の腰がガクッと崩れた。

    大横綱は楽々と彼を押し出した。

     

    今まさに、「脳震盪」と云う言葉が問題になってるとき

    に、大横綱は、遠藤の力士生命など歯牙にもかけず、4

    0回目とやらの優勝を手に入れるために、ひじうちを相

    手の顔面に炸裂させた。

     

    もういい!

    白鵬!土俵に上がるな!

    お前の顔は見たくない!ノー・モアだ。

    あまりに野蛮だ。モンゴル国民が野蛮なのか、お前が

    野蛮なのか知らないが。

     

    遠藤は前にもひじ打ちを喰らっている。

    人気の遠藤がよほど気に喰わないのだろう。

     

    前にも書いたが、モンゴルは先の大戦における戦勝国だ。

    モンゴル軍はソビエト軍と共に、満州に攻め込んだ。

     

    そのことを。

    彼らは100パーセント誇りに思っている。

    知らないなんてことは100パーセントない。

    知らないのは日本人だけ。

    大戦時の歴史を何一つ教えられてない日本人だけ。

     

    これではモンゴル国民に無礼だ。

    彼らは立派に戦勝国なのだ。

    それを知らない日本人は、彼らからすれば、大いに無知

    であり、大いに恥知らずであり、大いに失礼な民族なの

    だ。

     

    日本人はモンゴルを知ろうともしない。

    もし、モンゴル力士達がなんとも思っていなかったら、

    それはそれでラッキーだが、歴史に対する無知は怖い。

     

    偉そうに云ってるけど。

    世界史は苦手だなー、日本の歴史もかなり怪しいけど。

    学ぶべきは軍事力。色んな意味のね。

    何もないじゃ埒外だから。

    相手にはされない。

     

    日本人は平和が好きなんじゃなくて、僕も含めて、ビビり

    で怖がりなだけ。

    人類は平和のためにいく度も戦争をしてきた訳で。

     

    なーーーーんもせんと「平和が一番いい」なんて恥知らず。

    そんな日本人は大嫌い。

    僕は卑怯者だけど、日本が卑怯者になってはいけない。

    そこんとこね、よろしくね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:03 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    1945年当時のモンゴル人民共和国は、4年前に国語の筆記に、ロシア語に使うキリル文字を強制された、衛星国を通り越して実質的にソ連の一部だったが。同じスラブ語族のポーランドやチェコスロバキアにはそんなことはやらなかった。かなり情けない国。ある意味で、ロシア人による数百年前の侵略と支配への復讐だった。
    | AK | 2017/11/28 3:53 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955693