RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ロックはミステリに大いに近い。 | main | 清水町に雨は降る >>
血脈に泣く
0

    12月23日  小雨  起床8時

     

    朝食  8番生ラーメン・醤油スープ

        ご飯

        りんご入りヨーグルト

        青汁

     

    このあたりから、だいたい毎晩飲むことになる。

    もう、ダイエットがどうの云ってられない。

    「礼儀と礼節」は、欠いてはいけない。

     

    それに、めちゃくちゃモチが喰いたい。

    すでに、豆餅と白餅は隠してある。

    どうせ正月にはお雑煮を喰うんだから、喰っても

    構わないんじゃないの。

     

    金沢・大和でセーターを買った。

    ウルトラ・ファインメリノの、黒のハイネック。

    定価1万4千円。

     

    同じようなのはきっと、ユニクロにあるだろうが、

    小さいに決まっている。買ったのは3L。

    ほんと、デブは損だ。

     

    昨日。美の壺の再放送を観た。

    テーマは、各地の「お雑煮」についてだった。

    或る山里に残る「お雑煮」を紹介した。

    おばあさんが、網ガネで焼いた餅を、素手でつまみ、

    ひっくり返した場面で、泣いてしまった。

     

    百姓の指だった。僕は母方の祖母を思い出した。

    しわくちゃになった、土色の指と、しわくちゃな顔を

    思い出して、泣いた。

     

    子供の頃、僕は「あの指」を汚いと思った。

    祖母の触ったものは、すべて汚いと思った。

     

    祖父は病気がちで臥せっていた。

    祖母は、9人の子供を百姓をして育てた。

    男に負けず、米一俵を担いだ。

     

    懐かしさなどではなく、悔しかった。

    ほんと、悔しい。

    祖母の苦労を思うと、悔しくてたまらない。

     

    あの百姓の指が母を生み僕を育てた。

    忘れるな!

    恩を忘れるな!

     

    その日。

    祖母は玄関を履き、畑に行こうとして倒れた。

    そして、偶然訪れていた母の姉に抱かれ、膝の上で、

    「南無阿弥陀仏」を唱え、手を合わせ、あの世に行

    った。

     

    加賀前田藩の下級武士の子孫として、静かに逝った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:48 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    佐々木忠平氏は歌だけでなく基本がロックである。この人のそばにいるとなぜかなっとくさせられてしまう。一緒に働かせてもらった日々がとても懐かしい、甲府でのめんたんぴんのLIVEでのテープを聞いてると忠平さんの声が生々しく、とても魅力的である。ロックしてる。たまに内田裕也氏と忠平さんがだぶるときがある忠平さんには田舎人の何とも言えぬ優しさがある。
    これからもがんばれ
    | 西原昌昭 | 2018/10/09 3:57 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955704