RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 少しハッピーに、お願い! | main | ツイストで踊り明かそうぜ! >>
ロクなもんじゃないだろうが!
0

    1月17日  晴れ  起床6時

     

    朝食   ハチミツ・トースト

         茄子とピーマンの焼き野菜

         卵巻き

         りんご入りヨーグルト

         青汁

     

    元旦に立てた目標の一つが「歩く」だ。

    歩けば汗をかくし、着替えやなんやで面倒くさい。

    でも、歩かなかったら身体に、もっと面倒くさい

    ことが起きる。

     

    今日は雨が降らないとの予想。

    市立図書館に自転車を停め、芦城公園から駅まで歩く。

     

    これがまたどこにも人がいない。

    休日だからかも知れないが。

    侘しいと云うか、淋しいと云うか。

     

    出初式の車が数台「うらら」の前に止まっている。

    消防車はきちんと止まっているのに、市役所の車は横断

    歩道をふさいでいる。

     

    「おい、ボケかますなよ、道路標識もなにも出さず、

     横断歩道ふさいでどうするんや!」

    喉まで出かかったが寸止め。朝から心臓に悪い。

     

    なんか、没落した街をゆく、同じく没落した地回りの

    ヤクザな気分。

     

    「この風景に合う音楽ってなんやろ?」
    「どうでもエエやないか」

    「ふと思っただけや、怒るなや」

    「ふん!」

     

    自問自答してるうちに小松駅に到着。

     

      ーこれまでに繰り返し云って来たことー

     

      「ポップスの主人公は、すべて善人である」

     

      「ロックの主人公は、すべて悪人である」

     

    若者達よ、これは疑いようもない事実だ。

    歌の世界はそうなってる。

     

    故に、「男はつらいよ」「人生劇場」「唐獅子牡丹」

    は、疑いもなく日本のロックだ。

     

    今の日本に欠落してるのは、「悪人の歌」だ。

    「善人の歌」は巷に満ち満ちている。

    もういらない。

     

    僕は基本、ピッピーだ。

    ヒッピーを馬鹿にしてきたが、やっぱヒッピーだ。

    では、ヒッピーは善人を目指すのだろうか?

    僕は、ヒッピーは、善人になりたがる悪人だと思う。

    或いは、生まれながらに、心にキズを負っている人か。

     

    まあ、そんなことはどうでもいい。

    「善人ぶった歌」は嫌い。

    「愛がどうしたこうした」も嫌い。

    「世の中男と女しかいない」も大嫌い。

    「死ね!」と思う。

     

    自由民主党は、悪人が集まった政党だ。

    だから他より少しはマシだ。

    自民党が善人ぶり出したら、必ず終わる。

    維新の会はそこを学ばねばいけない。

     

    いや、ロックミュージシャンは、もっともっと悪人

    の歌を作らんと。

    自信を持って、若者達よ!

    悪の歌を、ヨロシク!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:10 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    あけましておめでとうございます。今年は年初から連日飛ばしてます。
    あげられた日本の魂の歌に比肩しうる西洋の歌は僕はオーティス、アレサの全盛期しか知らない。

    言うてしまえの真骨頂、「善人ぶった歌は嫌い」「死ね!」 素晴らしい。
    | ラッキーしき | 2018/01/07 10:31 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955707