RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< ツイストで踊り明かそうぜ! | main | 「PFU・青い猫たち」躍動す! >>
寒ブナと少年。
0

    1月11日  雪  起床7時半

     

    朝食  卵焼き

        味付け海苔

        キムチ

        お新香

        ご飯

        りんご入りヨーグルト

        青汁

     

    朝から雪が降り続く。

    いよいよ寒波は本格的に南下してきた。

    昨日、石川テレビとMROテレビの放送用鉄塔に雷

    が落ち、電波を送れない大事故が起きた。

     

    冬の雷は低空で発生するため、夏の雷の数倍のエネル

    ギーを持つとか。

    直撃を受ければ家は丸焼けになる。

     

    そんなヤバイ雷が、夜通し鳴りまくる。

    「おとろっしゃー!」

    ほんと、布団を頭までかぶって、震えてます。

     

    北朝鮮と韓国は会談をもった。

    でも、前よりキナ臭くなった気がする。

     

    「北のオリンピック参加は歓迎する。米国も頃合い

     をみて会談に臨む用意がある」

    トランプは、実にトランプらしからぬ意見を述べた。

     

    バノンの裏切りや、ロシア大使館問題で弱気になったか?

    いやいや、トランプはそんなタマじゃない。

    親が死のうが、子が死のうが、バクチ(かけひき)場から

    撤退する御仁じゃない。

     

    彼は勝つまで勝負をやめない。

    戦争は嫌だが仕方がない。

    そもそもは、日本は北と戦うべきだ。

    拉致された人たちを救出するために。

     

    さらわれた日本人を、奪還しに行くのは専守防衛だ。

    自衛権の行使だ。誰に文句言われる筋合いはない。

    米国がついているなら心強い。

    自国民の生命と財産は守らんと。

     

    それにしても、雪はやまないなー。

    もう、真っ白や。

     

    昨日は「えびすや」でちょっと面白い話があった。

    僕は金沢美大の大先輩(彼は焼き物の作家)Hさんと

    のんだ。

     

    「文芸春秋に面白い話が載ってました」

    「ほう、なんやろ」

    「横尾忠則は45歳まで本を読まなかったらしい」

    「ほう、そうか」

    「映画監督のフェリーニは50歳まで本を読まなかった

     とか」

    「ほうほう」

     

    「横尾は本を読むと自身の少年性が消えると思い、フェ

     リーニは、自身の幼児性が失われるんじゃないかと疑

     った」

    「ま、わかるな」

    「わかりますか」

    「佐々木さん、わしはな、この歳になっても本を読んだ

     ことがないんや」

    「そ、そ、そりゃ凄い!ウワ・ハハハハ!」

    「ワ・ハハハ・ハハハ!」

     

    やはり先輩は達人だった。

    「今度、じっくり飲もうや、な」

    Hさんは帰りがけ、店に注文を告げた。

    「寒ブナおらんか、寒ブナ仕入れといて」


    Hさんは僕の悩みをお見通し。

    芸術家は、雪の中を帰って行かれた。

    僕も続いて、雪だまりをヒョイヒョイよけながら、

    「月光亭」を目指し歩いた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 13:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955709