RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 「PFU・青い猫たち」躍動す! | main | 世の中「賢い」のばかりだ! >>
つるつるな雪道を歩く。
0

    1月18日  曇り  起床6時

     

    朝食   餅3個入りキムチ汁

         牛肉痛め

         茄子とピーマンの焼き野菜

         ソーセイジ

         りんご入りヨーグルト

         青汁

     

    1月12日に、病院で体重を計ったら101・4

    キロだった。

    「百一匹ワンチャンじゃあるまいし!」

    ひとりで怒ってたら、大柄な女の看護師が、

    「やっぱ、正月の餅やて、餅、餅」

    慰めてくれた。

     

    翌13日は「Vリーグ」観戦で、かなり雪道を歩いた。

    14日も15日も、思い返すに、よく雪道を歩き回った。

     

    16日は用事でアチコチ自転車で走り回った。

    裏通りは、自転車を押して進んだ。

    歩道の雪はカチカチだった。

     

    どうもそれでタイヤを痛めた。

    走ってる最中に「バーン」とバンストした。

    「自転車もバンストするんや」

    なんて、感心しながら近くの自転車屋へ行った。

     

    自転車の後輪はボロボロだった。

    自転車屋の親父は「これは・・・・・・」と、タイヤ

    を手に悲しい声を出した。

     

    「タイヤ丸ごと変えるしかないけど・・・」

    「ほんなら後輪と、ついでにサドルも新品にしてくれ」

    親父は汗みどろになって自転車を直した。

     

    「オヤジ!いくらや」

    「7千円や」

    この自転車は、この親父から6500円で買ったも

    のだ。

     

    「新品より高いのは、なんかなー」

    なんて思ったが、親父の「汗代」だと思って7千円払

    った。これは気分の問題。僕は自転車が直って、けっ

    こう良い気分だった訳で。

     

    雪道を歩いたりしたせいで、腹回りがスッキリした。

    ラッキー!

     

    でも、連日、山のように炭水化物を喰ってる。

    どうしても餅がやめられない。

    うどんもやめられない。

     

    正月の夢。

    日本が再びバブルになった夢。

     

    僕は前のバブル時に出会った男の会社を訪れる。

    「いやー、あの頃はペーペーでした」

    「そうやったかいな」

    男の顔はどこかで見たような顔。

     

    彼は社員を前に今年の抱負を述べた。

    「今年は色んな事やります。目標は次期大統領選に出る

     こと。僕は米国大統領を目指します!」

     

    「へー、日本人でも米国の大統領になれるんや」

    なんて感心する。

    「俺はこの会社で何をすればいいんかな」

    「ひまなときに遊びに来てください」

    バブルな男はそう云った。

     

    「皆で集まって、プランを云いまくって、何もしない」

    あのバブルは、そんな感じだった。

    「何かをする」よりも「何かをしようとする」が、金に

    なった。

     

    「大儲けしようとした人」「アイデアを実行した人」

    「土地を転がした人」「絵を買った人」

    「何かをした人達」は、大けがをし、破産し、自殺に追

    いこまれた。

     

    さて、問題は寒波やて。

    来週末には、また来るらしい。

    今度はデッカイのが。

    ほんと、たまらんなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:42 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    しょせん私はビジターですがこんな大雪の時に内灘にいるってのも何かの縁かと〜

    雪のない大阪育ちなので雪を見るのがうれしくて〜
    でもさすがに雪かきでは腰とシャベルを振り回す肩をやられました
    雪に埋もれ歩行もままならずダンロップのオヤジ長靴が重宝しました
    雪の世界の現実を初めて知った感じです〜
    | arison | 2018/01/18 5:01 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955711