RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 世の中「賢い」のばかりだ! | main | 動物の子供は母親が育てる。 >>
埋もれるのは悪くないぜ!
0

    1月28日  くもり・雨  起床7時

     

    食料品を買いにアルビスへ。

    途中で気が変わり、本屋の「うつのみや」まで

    自転車を漕ぐ。

     

    国道の歩道はどこも雪でカチンカチン。

    仕方なく車道を自転車で進む。

    後ろから来る車はスレスレを通る。

     

    身の危険を感じながら、通常の倍の時間をかけて

    本屋に到着。

    ジェフリー・ディーウ”ァー著

    「ボーン・コレクター」を購入。

     

    帰り道、ついに転倒。

    前輪がわだちに乗り上げ、あっと云う間に

    ひっくりかえった。

     

    ガチンコチンのバーンに、腿と膝を打ちつけ転がる。

    ケガはなかった。裏道なので対向車もなかった。

    不幸中の幸いか。

     

    本格的に雪が降ったのは1月12日の金曜日。

    そこから今日に至るまで、雪に閉ざされている。

    物理的ではなく、精神的に。

     

    2週間を超すと、普段は考えないことを考えたりする。

    先のことだったり、現在のことだったり。

    昔のことはあまり考えないようにしてるけど。

     

    過去に為したことは、99%が間違いだ。

    断言できる。

    でも、昔を思い返しても、良いことはひとつもない。

     

    気持ちが「カム・ダウン」しだしたらミステリを読む。

    ミステリは心の風邪薬だ。

     

    僕はウ”ェランダー刑事に入れ込んだ。

    犯人は異常者だが、この刑事は落ちこぼれている。

     

    そして、ヘニング・マンケルの描くスウェーデンの

    田舎町の情景、晩秋から初冬へと移る季節。

    僕はすぐに同化した。

     

    「長い冬が始まろうとしていた。

     木々も、森も、街も、道路も、雪に埋まってゆく」

     

    すべてが凍りつくような早朝。

    牧場を営む年寄り夫婦が惨殺される。

    その報に、ウ”ェランダーは現場へ車を走らせる。

     

    「嫌な季節が始まったな」

    ウ”ェランダーはそう思った。

     

    どうです、心が安らぎませんか?

    「北欧ミステリ」の神髄、ここにありですね。

     

    山口瞳の父君は競馬で名言を残した。

    「情報信ずべし、信ずべからず」

    そうでないと、新しいものは生まれない。

     

    「小春はシャボン玉」流に云えば。

    ー新しいものは、ひっそりと、訪れを待っているー

    君を待っている。

    俺を待っている。

     

    閉じ込められるから北の陸だ。

    今更じゃないか!

    暴風と大雪に埋もれて春を待とう。

    文句はあるが、それでいい。

    そして自分を信じよう。

    例え、他者には欠点に見えることも。

    信じよう。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 21:04 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    そうですね〜あの金曜日から雪の世界にいます
    低温注意報なるものを知り、−2℃を経験しました
    今日はお天気で雪はあるものの歩いて近くの公園まで行き
    オヤジ長靴でトボトボ歩きながらフト考えました

    こんな雪の毎日では精神的にも肉体的にも内に抑えていたものが爆発するのではないかと
    私がここで生まれていたらどうだったろうか?などとね〜
    太平洋側の(正確には違う)大阪人はやっぱりのんきですわ


    | arison | 2018/01/28 9:42 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955713