RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 動物の子供は母親が育てる。 | main | 我、雪中行軍ス >>
残念ながら3月6日は延期です。
0

    2月3日  雨  起床6時半

     

    朝食   チャーハン

         卵巻き

         蟹サラダ

         キムチ

         りんご入りヨーグルト

         青汁

     

    残念ながら3月6日(飛田一男の生誕日)のライブ

    は延期になった。

     

    「主要なミュージシャンのスケジュールが合わない」

    プロモーターのH君からの電話に、「延期しよう」と

    僕が提案した。

     

    今年の大雪と寒波を考えると、2月一杯天気は悪い。

    地元勢は動きが取れない。告知、ポスター張り、リハ

    ーサルが容易ではない。

     

    5月20日(柴田徹の命日)あたりに延期したら良い

    と僕は思っている。

    ヒバリの声を聴いてからで、良いんじゃないかな。

     

    迷惑を掛けますが、何とぞご容赦を!

     

    昨晩、布団の中で或る曲を思い出していた。

    ダイヤー・ストレイツ「ローカル・ヒーロー」

     

    昔、飛田にこの曲を聴かせた。

    「やってみっか」

    飛田はすぐに気に入った。

    どこかのステージで、このインストを試したこと

    がある。

     

    僕は布団の中で未来のステージを想像した。

    「ローカル・ヒーロー」が始まる。

    イントロが終わり、いよいよバース(主メロ)だ。

     

    僕はステージの映像を頭で思い描きながら、歌を歌

    った。どうも半分は寝てたかも知れない。

    僕の口から出たメロディは、「ローカル・ヒーロー」

    とは非なるものだった。

     

    「やったー!」心の中で叫んだ。

    僕は、ようやく今の僕に合う、演奏形態(サウンド)を

    つかんだ。そう、新しいメロディと共に、サウンドをも

    手に入れた。

     

    「北欧ミステリ」をモジれば「北陸サウンズ」か?

    歌詞をミステリ調にすればこうなる。

     

       ー北陸・ミステリ・サウンズー

     

    なんか、ポール・モーリアのうたい文句みたいだ。

     

    「あなたに忍び寄る・魅惑のミュージック」

       ー北陸・ミステリ・サウンズー

     

    やっぱりね、これくらい「C調」に、分りやすくしないと

    売れません。でも、これ、行けそうな気がする。

    いや、作れそうな気がする。

     

    少しミステリの話を

     

    元ニューヨーク市警中央科学捜査部長

    リンカーン・ライム。

     

    ジェフリー・ディーウ”ァー著「ボーン・コレクター」の

    主人公ライムは、捜査中に落盤事故に合い、第4脛骨を損

    傷した。

     

    彼はニューヨーク市警において、鑑識の天才と云われた。

    障害者となったライムは退職し、妻とも別れる。

     

    今、彼が動かせるのは頭部と指一本のみ。

    彼は常に自殺を考えながら、持ち込まれる難事件に全力を

    かたむける。

     

    ライムは疲れると散歩する。

    頭の中で散歩し、山に登る。

     

    「ボーン・コレクター」は久々に、目の覚めるミステリだ。

    身体に力が湧いてくる。

    僕が、主人公リンカーン・ライムに影響されたことは云う

    までもない。

     

    他の登場人物も良い。

    ライムの介護士トム。市警刑事ロン・セリットー。

    そして、たぐいまれな美女、アメリア・サックス巡査。

     

    彼女のセリフ。

    「美しいのは、無益なだけよ」

    よう意味はわからんけど、カッコいいー!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:29 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    中止になったのなら残念だけど5月にあるならOK〜
    ツイストはその時まで我慢します

    ちなみに映画ではその美女アメリアは若き日のアンジェリーナで
    ライムはデンゼルワシントンでした〜
    | arison | 2018/02/03 6:41 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955715