RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 愛する場所 | main | 人工頭脳は嘘をつく? >>
女は他人?
0

    2月24日  小雨  起床8時

     

    朝食  ハチミツ・トースト

        ピーマンとキャベツの焼き野菜

        目玉焼き

        りんご・ヨーグルト

        青汁

     

    遅く目が覚めた。

    昨晩も、寝しなにミステリに手が伸びた。

    「怖いもの見たさ」は、抑えられない。

     

    今朝、階下から響く母の声で目覚めた。

    「もう8時や!」

    梯川の土手に向いた窓から覗くと、外は

    雨だった。


    家の屋根の雪は、かなり溶けた。

    「名残の雪か」

    雨に打たれ、黒い瓦の上で、小さくなってゆく

    白い塊を、しばし眺めた。

     

    ミステリでは、思いがけない人物が犯人だったりする。

    物語の後半に「ウッヘッ!まさか!」が起きる。

    「簡単に他人を信用してはいけないんやなー」

    ほとんどの読者が肝に銘じる。

     

    ー他人は信用できないー

     

    なかなか重い命題だ。

    「立憲民主党は信用出来ない」これなら軽いけどね。

    「他人」となると「うーん」と唸ってしまう。

    難しい。

     

    「生きる」と云う事は、「他人を信用する」と「他人は

    信用しない」の間を、ウロウロすることかも知れない。

    もうひとつ。

     

    ーあの女は俺を好きだー

    ーいや、あの女は俺を好きじゃないー

    これも人生と云うか、青春を左右する。

     

    ミステリは基本的に、これらのことに対する結論や、

    サジェスチョンを読者に与える。

     

    ー他人は信用できないが、家族は信用できるー

     

    この屋台骨は、西洋・ミステリにおいては揺らがない。

    でも、連続殺人犯や猟奇的犯人は、ほぼ例外なく、幼

    少時に父親から暴力を受けている設定だ。

     

    ー女がどんな男を好むのかは、男にはわからないー

     

    これは大切なポイントだ。

    ここを考えないから、ストーカー・殺人が後を絶たない。

     

    どうしても好きな女に好かれたいなら、その女が好きな

    ルックスを調べ、手に入れるのが手っ取り早い。

     

    整形すればいい。

     

    男に出来るのはそれしかない。

    あとは優しく振舞うとか、頭の良いふりをするとか、金

    持ちになるとか、そんなとこだ。

     

    全ての男は女にモテたいと思ってる。

    でも厳密に云えば、「好きな女」に、好かれたい訳で。

    「好きではない女」に、モテたところでうれしくはない。

     

    ー好きな女に好かれるのは奇跡に近いー

     

    そう思ってれば間違いない。

    99・9%無理だ。

    例えば僕が、北川景子が好きでも、北川景子が僕を好き

    になる確率は99・9%無い。

     

    好きな相手が振り向かないからと云って、腹を立てたり

    、殺したりするのは、男の身勝手に過ぎない。

     

    「好きになった」なら、それで十分じゃないかなー。

    「好かれたいなー」なんて、ワクワクしてれば良い訳で。

     

    これね、もし好かれたらどうします?

    いや、もしですよ、もし好かれたら。

    先ですよ、先。地獄が待ってますよ。

    なんもかも、パーです。

    それでも良いと、思えます?

    あなたね、そんなにカイショ有ります?

    ウヒヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:16 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    おもしろいなあ〜
    いやあ絶対めくるめく天国もあるはずで〜

    天国<地獄でしょうか?へへ。
    | arison | 2018/02/25 8:21 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955722