RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 女は他人? | main | 百年泥に圧倒される。 >>
人工頭脳は嘘をつく?
0

    2月25日  曇り  起床6時半

     

    朝食   ハチミツ・トースト

         キャベツ焼き

         卵焼き

         ベーコン

         りんご・ヨーグルト

         牛乳

         青汁

     

    毎日、刺身を喰ってる。

    昨晩はそれに「イワシの酢味噌和え」が加わった。

     

    「魚はもうエエて」

    「刺身は薬や。魚は体にいいんや」

    母親は「刺身教」の教祖か。

     

    「アメリカ人は、健康の為なら死んでもエエんやて。

     日本人は憲法9条の為なら日本が無くなってもエエ

     らしい。どっちも病気や!刺身は飽きた!」

     

    まあ、本当はまったく飽きてないけど。

    なんかねー、母親に逆らいたい訳で。

     

    魚、魚、という割に、母親は決して刺身を喰わない。

    「生臭い云うか、食べたいとは思わんわ」

    なんやそれ!卑怯や!

     

    母は肉も魚も基本的に喰わないが、鶏のから揚げは

    好きみたいだ。

    「やっぱ肉は旨い」

    ポロッと本音を吐いたことがある。

     

    NHK・BSプレミアム「刑事モース」が面白い。

    (毎週土曜日16時半から1時間半放送)

     

    モースはオックスフォード大出のインテリ刑事。

    実家は金持ちでも名家でもないが、彼はオックスフォー

    ドの文系に入学する。

     

    大学を出たは良いが、モースは将来に希望が持てず、取

    り合えず警察に入る。でも馴染めず、退職しようと思っ

    ていた。

     

    そこに事件が起きる。

    場所はオックスフォード地区。

    モースは地の利を買われ、オックスフォード警察に応援

    に行き、中年の警部補と共に事件を解決する。

     

    モースの文芸や、音楽の知識が、事件解決になくてはなら

    ないものと警部補は判断する。そして、友情も芽生える。

    第3回目にして、モースは刑事として生きると決める。

     

    「警察ミステリ」であり、「相棒もの」でもある。

     

    モースを引き立ててくれた警部補はパイプを吸い、モース

    以外の刑事は全員、バコバコに煙草を吸う。

    いやもう、やたらと、登場人物が煙草を吸いまくる。

     

    そして、モースの同僚刑事達は賄賂を取る。

    当たり前のように。平然と。

    そのあたりが、作品にリアルさを与える。

     

    英国にはかなわん。

    男が悩むときの友は「煙草」と「ウイスキィ」や。

    知識の海の中から、ひらめきを得るには。

     

    人工頭脳は煙草も吸わず、酒も飲まない。

    彼らは決してひらめかない。

    日常生活に必要なのは、ひらめきですよ。

    色んな「言い訳」がひらめかなくなったら、男は終わり。

    そうでしょう、そうですよね、ウヒヒヒヒ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:59 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    忠平さん、モース見てますよ〜毎回楽しみです
    ほんで彼が出世して警部モースになったのを見たのですが、もちろん中年の役者さんに代わってました。
    それなりに面白いのかもしれませんがなんかあのモースがよかったのでのれませんでした〜

    日常にはひらめきとともにトキメキも欲しいっす!
    いや、日常からの脱出にときめくのかも〜
    | arison | 2018/02/26 11:33 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955723