RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 嗤う男 | main | ガルシアのネクタイ >>
短時間ミステリ詰込み症
0

    3月29日  晴れ  起床7時

     

    朝食   クキダチ入り焼うどん

         リンゴ・ヨーグルト

         青汁

     

    火曜日の朝、ゴミを捨てに行くと、お隣の働き者の

    ご主人が、クキダチの入った袋をくださった。

     

    僕は生のクキダチを初めて見た。

    小松菜に似ているが、もっとガチッとしている。

    色は黄緑色。見るからに旨そうだ。

     

    クキダチは一度漬物にしてから、ナンバを入れて煮る。

    これを冷蔵庫で冷やして食べるのが定番。

     

    祖母はこの料理が得意だった。

    醤油と、ナンバと、クキダチの苦味が相まって、ナン

    トモ旨かった。

     

    イタリア料理にもかなり似たものがある。

    一年漬けたクキダチみたいなものを、ピザにして喰う。

    クキダチ以外は何も入れない。春の料理だとか。

     

    朝、焼うどんに入れて喰った。

    少し苦いが旨い。

    ようやく春を味わえた。お隣に感謝です。

     

    昨晩8時。森田観光来宅。

    彼のコンサートのパンフレットに、僕の推薦文が欲しい

    とのことで、原稿を取りに来た。

     

    今はリハーサルで苦労している。

    「常に、協力してくれているミュージシャンの立場を

     分かってやること。多くを望まないこと」

    「そうですね」

    納得したのかしなかったのか。

    10時ごろ帰っていった。

     

    今日は自転車でマッツへ。

    市立図書館の裏から公園に入る。

    桜は咲いてはいないが、今にも咲きそうな気配。

     

    その時、或る情景が浮かんだ。

    2月の大雪の情景。

     

    いくら好天が続いても、心の底には冬が残っている。

    「まだ油断すんな!まだまだや!」

    人間の意識は何層にも積み重なる。

    頭では分かっていても、どこかの意識は冬のままだ。

     

    「こう云うとこが人間を複雑にしたんやろなー」

    自転車をゆっくり漕いで考える。

    芦城公園にはボンボリが張り巡らされ、準備は万端。

     

    京料理の基本は「走り」、「旬」、「名残り」。

    「そうか!わかったぞ!人の心の中やったんや!」

    京町郵便局の前あたりで、僕は京料理の神髄を知った。

     

    そして、ふと思った。

    僕はいつからか、世の中をミステリとして見ているの

    ではないか。

     

    「小松のリンカーン・ライム」になろうとしている?

    そうなら「小松のアメリア・サックス」はどこにおる

    んやろ?

     

    赤毛のロングで、超美形で、スピード狂の命知らずの

    女が、おらんかなーって?おまえアホやろ!

     

    春やからな、気いつけんと。

    木の芽時って、ゆうもんな。

    ジェフリーさん!ディーゥ”ァーさん!

    僕、大丈夫ですか?

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955735