RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 生きるのは難しいね、たけし君! | main | 福田事務次官はなぜ正攻法で口説かなかったのか。 >>
良き時代に帰ろう。
0

    4月12日   晴れ   起床6時

     

    朝食   うどん入り粕汁

         肉野菜炒め

         ご飯

         りんご・ヨーグルト

         青汁

     

    相変わらず目覚めがすっきりしない。

    睡眠時間には関係がない。

    精神的なものだろうなー。

     

    昨日の練習で大声張り上げてみた。

    喉も心臓もなんともない。

     

    山下バンドのリーダー、山下君はギターが上手い。

    昨日はストラトを弾いたが、音も良かった。

    彼は飛田一男の一番弟子。

    バッキングも、リードギターも、弾く姿勢も良い。

    なかなか心強い。彼は小松高校の後輩。

     

    やりたい曲がありすぎて困っている。

    「つもり」はないんだけど、ワンマンショウに向かって

    る訳で。「いかんいかん」、抑え気味にしないと。

     

    家に帰り、本日2度目の晩飯。

    やっぱ腹が減る。

     

    フジのバイキングで。

    女子レスに関して小藪の発言。

    「どっちが正しいとか云えないんじゃないですか、

     片っ方の意見しか聴いてないんやから」

    僕は実に正しい意見だと思った。

    ところが。

     

    司会の坂上が激怒した。

    「そんなこと言われたら、司会も何も出来ない!」

    坂上の脳みそはかなり少ない。その少なさが面白かった

    けど、ソロソロ、気付いてね、自分は馬鹿だと。

     

    僕もタクシー運転手に激怒された。

    「彼女は練習場がなくなったんですよ!やり過ぎや!」

    僕も小藪と同じく、栄氏側が一方的に責められるのはふ

    に落ちなかった。だからそう云った。

     

    「そやけど、飯食わして育てたんはあの学校と栄やろ、

     それを全部チャラにして、栄を葬っていいんかな」

     

    運転手の態度が急に変わった。

     

    「そうなんです。マスコミが悪いんです。あいつらが一番

     悪い!」

     

    結局、この運転手はうっ憤を晴らしたいだけ。

    責める相手がレスリング協会でも、マスコミでも、どこ

    でも構わん訳や。

     

    なら、みんなで「メンタンピン」歌いましょう。

    70年代を楽しみましょう。

    小松の駅前に「こまビル」が建ったあの頃を。

     

    僕は美大生。

    地下の「グリーン・ファイブ」で毎日コーヒーを飲んだ。

    美人の姉妹に会いたくて。話したくて。

    昨日のことだけどね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955739