RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 良き時代に帰ろう。 | main | 待ってろよ!36インチ。 >>
福田事務次官はなぜ正攻法で口説かなかったのか。
0

    4月19日  晴れ  起床6時

     

    朝食   玉子入り味噌汁

         納豆

         キムチ

         ご飯

         りんご・ヨーグルト

         青汁

     

    3月決算やら、厚生年金への加入やら、4月は

    慌ただしい。

     

    おまけに15日の日曜日は、金沢「赤羽ホール」で

    一曲歌った。毎週水曜日はバンドの練習がある。

    かと言って、ミステリは山ほど読んでるけど。

     

    音楽活動すればブログの回数は減る訳で。

    パソコンを買わないとなー。ウヒヒヒ。

     

    今日は久し振りに朝から晴れた。

    書きかけの書類やら、弁当やら、何やらを大型のトー

    トー・バッグに詰め込み、自転車でマッツへ。

     

    NHKプロフェッショナル「銀座の売れっ子ママ」。

    これは面白かった。主役は大分出身のママ。

    店の名前は忘れた。「稲葉」だったかなー。

     

    「銀座がなくなれば日本経済が潰れます」

    こんなセリフをサラリとのたまう女傑。

    でも暮らしぶりは質素。

    年賀状は2万4千枚書く。

     

    リーマン・ショックで客が来なくなり、銀行の貸しはが

    しにあい、自殺寸前に追い込まれる。借金は1億。

    死に物狂いで金をかき集めなんとか生き残る。

     

    「銀座に店を出しても、ほとんどは2か月で潰れます」

    銀座はのクラブは3千店。互いにしのぎを削る激戦区。

    「愛人とか不倫とか、3流店の話ですね」

    そうかもなー。

     

    「常連の不動産の社長さんが、手を広げ過ぎて会社が駄

     目になってね、お見えになれなくなって、ある夜、工

     事現場通ったら、その社長さんが働いていらっしゃい

     ました」

     

    「にっこり笑って手を振ってました。それから何年かし

     て帰ってこられたんです。銀座でもう一度飲むぞって、

     それを励みにして頑張ったとおっしゃって」

     

    「わたしは待っているんです。お客さんが帰ってくるの

     を、待っているんですね」

     

    やっぱ凄いわ。

    まあ、値段も凄くて、席料2万5千円。シャンパンは4・

    5万から。

     

    でも、それ以上の何かが得られる。

    うーん、素敵ですねー。

     

    さてさて。

    日本は素敵じゃない話でいっぱい。

    買春で新潟県知事が辞任。セクハラで財務事務次官が辞任。

    男としては云うべき言葉が見つからない。

     

    「誰でもしてんじゃないの、この程度は」

    それじゃあ駄目みたいだ。

    でも、買春もセクハラもしたことがない男って存在する?

    いないでしょう、いませんよね。

     

    どうすりゃいいんですかね、うーーーん。

    「赤線復活すればいいのに」

    なんて過激なこと、母親はいってますけど。

     

    男は美人に弱いからなー。

    テレビ朝日の女記者はどうなんかなー。

    にんじんぶら下げたのは、一体誰ですかね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:20 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    まったくその通り!
    録音されてると知ったら誰がそんなこと言う?
    こっちは録音知ってて相手を誘導できる立場
    「だめ」なんて言葉遣い、距離を置いていたらするかっていう話
    好いて好かれた仲って・・・幸せな瞬間だったのね〜
    | arison | 2018/04/20 5:56 AM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955740