RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 待ってろよ!36インチ。 | main | 九州からの電話。 >>
春は大きなトートーバッグ。
0

    4月26日   晴れ   起床4時

     

    朝食    オリーブオイル・焼き野菜

          (キャベツ・ナス・ピーマン)

     

          目玉焼き

          ハム

          豆腐の味噌汁

          りんごヨーグルト

          青汁

     

    降り続いた雨がようやく上がった。

    自転車のフロント籠に、大型の旅行用カバンを押し込み

    、それでも足りず、手に小型のバッグを持って出かける。

     

    一軒目の銀行で入金。

    二軒目で税金の支払いと通帳記入。

    それから自転車を漕いで会計事務所へ。

     

    係りの「おとっつぁん」に玄関で、決算の資料を渡す。

     

    「あんちゃん!なんか、特別な売り上げあったけ!」

    「ないわい」

    「ほんなら、いつもの通りやな」

    「ほや」

    「分からん事あったら、電話するし」

    「おう、よろしく頼むわ」

     

    係りの「おとっつぁん」は、僕より歳上。

    それで、彼は僕を以前から「あんちゃん」と呼ぶ。

    向こうはコテコテの小松弁なので、僕も小松弁で答える。

     

    原稿用紙、様々な契約書、厚生年金加入の書類、手帳、

    ノート、薬やティッシュが入ったポシェット、大型財布、

    読みかけのミステリ、等々で、バッグはパンパン。

    そこに弁当箱と、ペットボトルのお茶も加わる訳で。

     

    だから、大型の、軽いトートーバッグがいるのに、春用の

    ジャケット買うから、この始末や。アホ!

     

    ウヒヒヒヒ。

     

    またこの「一週間旅行用」のバッグが重い。

    強力に重い。鉛が入ってるのかと思う。

    だからや、ユニクロのバックパック買えば良かったんや。

    値段の高いジャケットに、安モンのバッグは駄目なんて、

    カッコつけるからや、ほんとに、ダラけ!

     

    なんでこうなったかと云うと。

    記憶が当てにならない。だから、何でもいいから身の回りに

    置いとかないと、忘れものだらけになる。

    いや、なってはいないけど、なると思うから。

     

    例えば。

    携帯忘れたり、チューニング・メーター忘れたり、ハンコ忘れ

    たり、銀行の通帳やら書類やらをよく忘れる。

    春やからかな。

    ぼーっとしてんのかなー。

     

    コード忘れるようになったら終わりやな。

    歌詞忘れたりな。

    まあ、この辺にしとかんとな。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955742