RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 春は大きなトートーバッグ。 | main | 或る春の、或る晴れた一日 >>
九州からの電話。
0

    4月29日  晴れ  起床5時

     

    朝食   焼き野菜

        (ナス・プチトマト・ピーマン・キャベツ)

         りんご・ヨーグルト

         青汁

         牛乳

     

    朝食から炭水化物を抜いている。

    米かパンを喰うのは昼食だけ。

    悪影響が出なけりゃいいが。

    取り合えず、腹が引っ込んで楽はラク。

     

    結局、トートー・バッグは「しまむら」で購入。

    値段1900円。安い!

    ついでに100円ショップで小物を色々と。

     

    なんか、えらいマメになった気がする。

    38インチのズボンやジーンズが入る様になって、

    人生が明るくなったんかね、ウヒヒヒ。

     

    金正恩と相撲の遠藤がカブってしょうがない。

    体形が似ている。

     

    金さんは腹が出過ぎて、署名のとき肩で息をしていた。

    これじゃあ長生き出来ない。

    あの腹は異常だ。

    まあ、頭の中も異常だが。

     

    昨日も北朝鮮は日本の悪口を云いまくった。

    人殺しが独裁してる国に文句云われてもなー。

     

    拉致された人たちが帰ったら、なんで援助しなけりゃい

    けないのか、さっぱり分からない。

    生きたまま、何十年も、死ぬ思いをさせた罪は、人類が

    こうむった最大の拷問に等しい。

     

    元防衛大臣の中谷某曰く。

    「返してくれたら、日本は経済援助をするのは当然です」

    軽く云うが、そうだろうか。

    自民党はいつから博愛主義に変質したのか。

     

    日本が払う戦後補償と慰謝料で、チャラにしてくださいと

    頼むならまだしも、なんで日本が経済援助しなくちゃなら

    ん。アホらし!カモリ喰わっそ!

     

    金とトランプが何を決めようが関係ない。

    日本が、日本人が、決めればいい。

    当たり前だ。国家なんだから。

     

    さてと。

    一年に500人も600人も嫁さんぶっ殺す米国や、女の

    半数は暴力受けたり、強姦されてるスエーデンと、日本は

    違うと思う。

     

    「事務次官にセクハラされました」女性記者が警察ではなく、

    週刊誌に駆け込むんだからね、よう分からん。

    もうずーーーーと、刑事事件ではなく、どこか変な問題ばっ

    かりや。

    まあ、テレビは見んほうが幸せ。

     

    昨晩。

    九州から電話。

    ギターの松浦善博と石崎三郎が一緒に掛けて来た。

     

    松浦が入ったバンドをサブは観に行った。

    バンドはレーナード・スキナードのコピーをやってた。

    「狭かったけど音が溢れて良かったんよ」

    サブは興奮している。

     

    「レーナードはけっこう難しいですわ」

    そう云いながら松浦も楽しそう。

    ウ・ラ・ヤ・マ・シー!

     

    「スイート・ホーム・アラバマ」か「フリー・バード」

    やりてーなー。因みに、僕等が初めて出た学園祭は、関東

    学院か、明治大学だったと思うけど。

     

    その時の一曲目は「ミシシッピー・キッド」だった。

    僕はその時の情景をよく覚えている。

     

    学生たちは、ジャパニーズ・ブリティッシュ・ハードロッ

    クが始まると思い込んでいた。

    僕等は淡々と渋く、サザーンなブルースを、トリプル・ギ

    ターで決めた。

     

    小さな教室だったが「波」が起きた。

     

    バンドはオリジナルをやろうが、コピーやろうが、どっち

    でもかまわん。楽しめればグゥー!乗れればグゥー!

    人生すべからく、グゥーで行きたい!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955743