RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 九州からの電話。 | main | トランジスタラジオで「トランジスタラジオ」を聴く >>
或る春の、或る晴れた一日
0

    5月2日  曇り  起床7時

     

    朝食    焼き野菜

         (プチトマト・キャベツ・ピーマン

          ・ナス)

          イワシの生姜煮

          ご飯

          りんご・ヨーグルト

          青汁

     

    昨日は自転車で街中を走り回った。

     

    午後1時半。

    マッツにK君が迎えに来て車で出掛けた。

    地元のケーブルテレビ局で「やーらんねえけー」の

    宣伝用映像を撮った。

     

    マッツに帰り色々と雑用。

    スタッフのN女史と話しまくる。

     

    午後5時。

    「えびすや」に向かう。

    さすがにカウンターは常連のみ。

    「今夜は喰うぞ!」

    意気込んで料理を注文した。

     

      刺身盛り合わせ

      ハタハタの焼き魚

      おでん

     (厚揚げ・しいたけ・いとこん)

      Hさんが持ち込んだワサビ菜の

      おひたし

     

      酒は芋焼酎お湯割りから日本酒(宗玄)へ

      

    ちはるちゃんは前にも増してきれいだ。

      「もの凄い美人やな」

      「またええ加減なこと云うて」

    完全なセクハラ。でも云わずにいられない。

     

    午後7時40分。

    自転車を押して「月光亭」へ。


    子供の頃近所だったS君と出会う。

    S君は僕より2才年下。彼の父親は事業をしていたが、

    45歳で他界した。S君は父親の仕事を引き継いだ。

     

    その頃は、若死にが珍しくなかった。

    同じく近所のTさんは、町内の会合で酒を飲み、「寒い

    寒い」と云って帰宅し、コタツに入ったまま亡くなった。

    Tさんも40代。

     

    Tさんは映画俳優並みに美男子だった。

    長男も長女も、長身で美形だったと思う。

     

    午後12時。

    タクシーで帰宅。

    僕は自転車を路上に放置したまま家に帰った。

     

    「すまんな自転車よ、お前を忘れたわ」

     

    本日午前9時半。

    アルコールまじりの息を吐きながら、「月光亭」まで歩

    きに歩いた。

     

    自転車は元の場所にあった。

     

    K君は車を運転しながら云った。

    彼は東京からのUターン組。

    「今頃って、小松はけっこうさわやかですね」

    「そうやな、さわやかやな」

    「東京より気候は良いかもなー」

    「うん、いいかもしれんなー」

     

    僕は川崎競馬場を思い浮かべた。

    JR川崎駅から競馬場に続く、旧東海道を思った。

    生活感も情緒も、何もない場所。

     

    あの、殺風景な通りを。

    あの通りを歩くことはもうないだろう。

    きっと。

     

    車の中でそう思った。

    「冬を抜かせば、なかなかいい場所だよ、ここは」

    「冬を抜かせば、ですね」

    K君と僕は「ウフフフ」と、笑った。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:36 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    2日のチケットは当日販売ですか?
    5月中旬に内灘に行くので2日楽しみにしてます〜
    | arison | 2018/05/04 8:56 AM |

    チケットは前売1500円、当日2000円で電話予約0761-24-3000マッツで承ります
    | 管理人 | 2018/05/04 1:31 PM |

    ジミさん、ありがとう〜
    FBに載せました
    | arison | 2018/05/09 2:54 PM |










    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955744