RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 或る春の、或る晴れた一日 | main | なんもかもが日本製じゃん! >>
トランジスタラジオで「トランジスタラジオ」を聴く
0

    5月3日   小雨   起床3時

     

    朝食   チャーハン

         卵巻き

         りんご・ヨーグルト

         青汁

     

    昨日は早く寝たので午前3時前に目があいた。

    NHK深夜ラジオで忌野清志郎特集をやってた。

    彼が亡くなって9年目か。

     

    彼の曲はリフレインが多い。

    「いけないルージュ・マジック」の中で、

    「いけないルージュ・マジック」と歌った回数は

    物凄く多い。

     

    「パパの歌」でも。

     

    昼間のパパは光ってる 昼間のパパは男だぜ

    昼間のパパはいい汗かいてる 昼間のパパは光ってる

    昼間のパパは男だぜ

     

    延々とループする。

     

    「デイ・ドリーム・ビリーバー」もループするが、歌詞

    が少しずつ変えてある。

     

    忌野清志郎は「キング・オブ・リフレイン」だ。

    なんて、寝床の中で気づいた訳で。

     

    人間は実にいい加減な生き物だと思う。

    平尾容疑者が大井造船作業場から脱走したとき、テレビは

    原因をこう報道した。

     

    「交通事故にあった妹を心配して逃げた」

     

    今から思えば、刑務所にいる兄貴に、見舞いに来て欲しい

    と思う妹がいるかなーと思うが。来られたら大迷惑だろう

    に。

     

    平尾は逮捕後「刑務官にいじめられたから」と供述した。

    それは誰も報道しなかった。

     

    「山口達也強制わいせつ事件」

    マスメディアは何故か「アルコール依存症」で幕を引きたが

    っている。メンバーの会見も原因には迫らなかった。

    みんなして「何か」を隠しているのかも。

     

    リンカーン・ライム・シリーズの読み過ぎで、どんでん返し

    を期待している。「本当はコレコレですよー」てな具合に。

    でも、真実なんてのは、人の数ほど有る。

    それをかき分けて、「僕だけの真実」に迫ろうとしてもなー。

    北の指導者もね、何考えてるか、誰か分かる?

     

    分かる人はいない。

    武貞さんとかね、血圧上がり過ぎてアブナイ。

    まあ、内心日本はビビりまくってる。

    何されるか分からんからね。

     

    国が消えるかもしれない韓国人の方がどっしり構えている。

    日本なら逃げ出す輩もいるだろうに。

    心の底の、底にある根性の、見せ時だ。

     

    日本国内であっと驚くクーデターが起きるかもしれない。

    ビビリの日本人の方が怖い。

    恐怖が恐怖を呼ぶ。

     

    一瞬にしてこの国は崩壊するような気がせんでもない。

    このところの事件は、パラパラと小石が落ちて来るような、

    大事件の前兆なのか。

     

    朝鮮半島が動けば、日本列島も必ず動くはずだ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955745