RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< トランジスタラジオで「トランジスタラジオ」を聴く | main | 眠らずトランジスタレディオ >>
なんもかもが日本製じゃん!
0

    5月5日   晴れ   起床6時

     

    朝食   キムチ汁

         肉・野菜炒め

         りんご・ヨーグルト

         青汁

     

    先日。

    朝の台所で母親が悲鳴を上げた。

    見ると母は、包丁の柄でそこいらを叩きまくって

    いる。

     

    「なかなか死なんわ!」

    でかいムカデが母親の髪の毛の中にいたらしい。

    「なんかムズムズしたんや」

     

    「いつから頭におったんやろ?」

    「俺の頭なら、そもそもおれんけどな」

     ウヒヒヒ。

     

    隣の奥さんは今年になって、もう三匹殺したとか。

    ジーパンを履くときは確認する。

    あんなのがジーパンの中におったらたまらん。

     

    朝鮮半島にも厄介なのがいる。

    そいつは悪知恵がよう働く。

    韓国、米国は、知らん間に彼の協力者と云うか、

    主人公を盛り立てるわき役になり果てた。

     

    彼は今や「世界平和の使者」だ。

    ついにはノーベル・平和賞の候補となった。

    中国は猫のようにすり寄り、ロシアも遅れじと秋波を送

    る。目出度い!

     

    金一家にとって残るは日本。

    ここからはガッポリいただくつもりだ。

    朝鮮総連と云う有難い在日組織もある。

    「少し脅せば、ホイホイ金やら技術を差し出すわな」

    金一家は莫大な年金を日本から受け取り続ける。

     

    「金さんは平和の使者だ!安倍政権こそが世界平和を

     乱す悪の巣窟ではないか!」

    枝野某はここぞとばかりに金一家に加勢する。

    そもそも日本の左は「北」が大好きみたいだ。

     

    こうなると日本は世界から「平和を望まない最悪な国」

    のレッテルをベタンと貼られる。

    それに日本国民はジリジリ寄り切られ、ついに立憲民主党

    が政権を獲る。 以上が僕の推理。

     

    いや、金さんがいる方が面白い。

    その方が、日本人である僕らが、いかにアホなのかを実感

    出来る。たとえ、金をむしられてボロボロにされてもね。

     

    もうすでに、この国は取り返しのつかないところまで来て

    いる。憲法改正は、どれだけ国民が望んでも実行できない

    。ほんの少しの石頭がいるだけで、すべてがパーだ。

     

    国会をみれば分かる。

    野党が10人もいれば、国会は空転する。

    野党が一人でも怪しい。そんな国会はいらないね。

     

    どれだけ選挙しても、自民党が大勝しても、これではなん

    にもならない。一握りのボケのせいで、この国はずっとこ

    のままだ。

     

    ー保守が変革を望み、革新は現状維持を良しとするー

     

    さて、いい話は大谷君と清宮君のみ。

    想像するに面白いのは米国国民。

     

    ジェフリー・ディーウ”ァのミステリに出て来る車は、ほと

    んどが日本車。テレビとかの電化製品も日本製。時計はセ

    イコーだし、子供たちはニンテンドーに夢中とくる。

     

    おまけに、本家本元の野球の関心事が、大谷選手の二刀流

    だからね、たまらんよなー。

    なんもかもが日本製じゃん!

    これじゃあ、トランプが不均衡だって文句云うよ。

    いやー、米国の若者達は、日本に憧れるだろーなー。

    「凄いよジャパン!」

     

    そう!凄いんですよ、日本は!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955746