RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 眠らずトランジスタレディオ | main | 今世紀もバンドの世紀だと思う。 >>
目標は千昌夫です
0

    5月9日   曇り   起床7時

     

    晩飯   アルバでカツカレー。

     

    今晩は練習。

    パワーをつけようと、晩飯はカツカレー。

     

    昨晩、「えびすや」で飲み始めたのは午後5時半。

    年長のSさんと一緒に楽しく飲んだ。

    Sさんは通称「会長」と呼ばれる。

     

    きっぷが良く、感激屋で、なかなか男っぽい。

    「俺は忠平さんのお母さんに幼稚園で習ったんや」

    これが口癖。多分死ぬまで言い続けるだろう。

     

    午後8時に店を出て「月光亭」へ。

    音楽の話。楽器の話。福井県大野の話など。

    午後11時半。ママの淹れたコーヒーを茶碗で飲み、帰宅。

     

    いつからか、千昌夫さんが気に掛かる。

    彼の番組は必ず観る。昨日もBS・NHKかなんかで千さん

    の特集をやってた。

     

    彼の歌い方が好きだ。

    一言一言、一節一節、全身を細かく、リズミックに動かし

    歌う。この歌い方は疲れる。非常に疲れる。

     

    基本的に演歌を歌うのは重労働だが。

    その中でも千昌夫は断トツに体を使う。

    「輪郭」のはっきりした歌い方だ。

     

    僕は彼をコピーしたい。

    そうすれば歌に表情が出る。

    「俺は歌手です」と云える。

     

    昨日の番組で、吉幾三との出会いが語られた。

    「俺は絶対プレスリー」以降、ヒットが出なかった吉を、

    千は自宅に招く。

     

    吉幾三はギターを持ってきた。

    何曲も歌った中に「津軽平野」があった。

    千はこの曲を歌おうと決める。

     

    千昌夫と云う歌手は、一本筋が通っている。

    「星影のワルツ」「北国の春」「味噌汁の詩」

    「津軽平野」。

     

    彼は「故郷」を追い求める。

    父と母の苦労を背中に背負いながら。

    貧乏からの反動で不動産王となり、「金髪」を妻にする

    夢もまた実現した。凄い!

     

    こう云う人は好きだなー。

    この人の前では、さすがの吉幾三もチンピラだ。

    千昌夫は正に「キング」ですよ「キング」!

     

    練習の合間に。

    僕は今回バンドに参加するギターの山下君に云う。

    「お前が肝心要やからな、今回はお前次第や」

    「えっ!そ・そ・そんなー」

    「そんなもんやて山下、お前が主役や!」

     

    借りて来た猫では困る。

    「くそー!ええかっこしたるぞー!」

    そこまで行ってくれんと。

    腕は確かやから、山下君、夢中でやってね。

    ライブの主役はやっぱ、ギターやからね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955748