RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 目標は千昌夫です | main | 深夜勤務の夜 >>
今世紀もバンドの世紀だと思う。
0

    5月10日   曇り   起床4時半

     

    朝食    焼き野菜

         (ナス・ピーマン・ハム)

          目玉焼き

          りんご・ヨーグルト

          青汁

     

    昨晩は、練習が終わってすぐに帰宅。

    11PMで買った「かりんとう」を貪り食う。

    そして、知らぬ間に茶の間で爆睡。

    死んだゴキブリの如く、仰向けになって眠った。

     

    今日はかなり寒い。

    完全防備で自転車に乗り出発。

    ここらで風邪を引いたらえらいこっちゃ。


    昨日の晩に喰った「カツカレー」と「かりんとう」のせい

    で、また腹が出た。

    なんでこんなにコマカシイんだろう。もっとアイマイでも

    ええやないか!なんですぐに結果が出るんや!

     

    こないだ「月光亭」でも話したが、俳句について。

    例えば俳句は、絵画の世界で云えば、スケッチだろうか?

    デッサンだろうか?

     

    まあ、なんとなくスケッチに近いか、なんて思っていたが

    、どうも違う。なぜなら俳句は、それがすでに完成形だか

    らだ。

     

    じゃあ、なぜ「俳句大学」がないんだろう?

    日本文化の中で、俳句の広がりと浸透は、他の文化とは比

    べようがない。

     

    そうそう、なんでこんな話になったかと云うと。

    音楽大学や美術大学を出たら、芸術家にはなれないと云う

    命題を、僕が提言した訳で、「月光亭」の夜にね。

     

    「なれるかもしれないし、なれないかもしれない」

    が、近いのかな。まあ、芸術家なんて良く分からないけど。

    まあ、芸術も、芸能も、ひとりひとりみな違うからね。

    思いと云うか、解釈がね。

     

    古くて新しいのは武者小路実篤の思いでしょう。

    ー個人を尊重する人たちが集まって集団の「村」を作るー

    「新しい村」ね。

     

    ー個人の音楽を尊重する人たちが集まって、集団で音楽を

     作るー

     

    これグレートフル・デッド。サンフランシスコね。

    なんというか、ハツラツとした考え方だね。

    左がかってようがどうだっていい。

    これ、バンドの思想だと思う。

     

    僕は「バンドの世紀」に生まれ育った。ラッキー!

    バンドは、まだまだ色あせてなぞいません。

    なぜなら、何物もこれには勝てないからです。

    これ以上面白いものに、ついに出会わなかったなー。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955749