RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 深夜勤務の夜 | main | 心の内にあるもの。 >>
我が小松黄金期。
0

    5月13日  雨  起床7時半

     

    朝食   ハム

         青菜炒め

         卵巻き

         御飯

         りんご・ヨーグルト

         青汁

     

    週刊ベストセラー(八重洲ブックセンター本店調べ)の

    第三位は、

    「内臓脂肪を最速で落とす 日本人最大の体質的弱点と

     その克服法」幻冬舎・780円。

     

    780円で内臓脂肪がなくなるなら大助かりだけど。

    でもなー、この手の本にはいつも騙されてるしなー。

    うーーーーん。

     

    まあ、買うんだけどね。

    誘惑には弱いから。

     

    昨晩はK君と、小松の飲食店の話で盛り上がった。

    小松で最初の中華料理屋は「清ちゃん」だ。

    次が「清ちゃん」のマスターの弟が作った「勝っちゃん」

    で、この両店は今も大流行りだ。

     

    「勝っちゃん」はどちらかと云うと家族向け。

    「清ちゃん」は所謂、本来の中華料理屋。

    小学生の頃、釣りの帰りに父親が「清ちゃん」に連れて

    行ってくれた。

     

    僕は生まれて初めて中華を喰った。

    ラーメンはすでに、インスタントラーメンを喰っていたの

    で、大したインパクトはなかったが、餃子は強力だった。

     

    なんと云うか、旨さがどうのより、異質な食い物だと思っ

    た。ニンニクも初めてだったし。こんなものを旨そうに喰

    ってる父親が、少し遠い存在に思えた。

     

    高校時代は先輩にせがんで、よく「勝っちゃん」に行った。

    僕はここの「五目ラーメン」にハマった。

    大学に行ってからは「珍香楼」に入り浸った。

     

    ここのマスターは、僕が女にもてると思い込んでいた。

    「おう忠平や!どや最近、あたらし彼女出来たか」

    鍋をかき回しながらニヤ〜と笑う。

     

    「ダラなこと云うとんなや、ほらそこのネズミ、頭から

     焼きそば被って走っとるがな、こぼすなや焼きそば」

    「ダラ!営業妨害しとんなま!にやけた顔して、この女

     ずき!」

    「ダラ!女好きはマスターやろが!」

     

    出鱈目で、アホで、楽しかった。

     

    この頃が僕にとって「小松黄金期」だ。

    金沢の大学に通っていたが、夜は小松の或る店に首まで浸

    かっていた。

     

    遊び人のエス雄、金沢大学理工の美男子ヨッチ、そして僕。

    毎晩顔を合わせた。エス雄はひたすら女を追いかけ、ヨッ

    チは毎夜マージャンに狂い、様々なギャンブルを友とした。

     

    ヨッチは結婚祝いに当たり馬券をくれた。

    「こ、こ、これ、当たっとるから、ウヒヒヒヒ」

    僕は妻を伴って京都に行き換金した。

     

    2万円以上あった。当時の2万円は大金だった。

    「凄ーい、嘘じゃなかったんだー」

    妻はびっくりしていた。

     

    当時、僕は近所の中学生を相手に英語を教えた。

    英語はともかく、教えてはいけないことを教えた。

     

    「あんちゃん!金沢行くてーわ、連れてって」

    「よし、連れて行ってやる。来週の日曜日はどや」

    「あんちゃん!ほんとに連れて行ってくれるがか!」

    「おう、行くぞ!」

     

    僕は中学生を5人引き連れて金沢へ行った。

    誰も休まなかった。きちんと月謝はもってくるし、僕は

    けっこうリッチだった。

     

    バンドを本気でやり始めるまで、そんな暮らしは続いた。

    毎夜、清水町に通った。

    午後5時、スナックでコーヒーを飲み、カレーを喰う。

    エス雄が風呂上りに立ち寄ったホステスをからかう。

     

    「エエ女やと思とったけど、なんやお前、スッピンやと

     別人やな」

    「しつれーなー!」

    女はエス雄を殴るそぶりをする。

     

    「うわー、こわー!」

    エス雄はソファーに女を押し倒した。女は足をバタバタ

    して抵抗する。

    「忠平!チャンスや!パンツ丸見えや」

    女は、あんたら欲求不満やろと叫んだ。

     

    18歳,19歳と、ジェーシー・デービス「リノ・ストリ

    ートの出来事」の「平和版」みたいな世界にいた。

     

    僕がバンドをやり始めた頃、エス雄は関西方面に旅立ち、

    ヨッチは関東の一流製薬会社に就職した。

    それで、僕の「小松黄金期」は自然に消滅した。

     

    元ヤンキーの美人ネエサンの店でうどんをすする。

    そこは清水町のど真ん中。

    「いや、実は、この辺ね、昔はね・・・・・」

    声には出さない。

     

    シマ雄は毎日孫を連れて散歩するのが日課。

    ヨッチはもうこの世にいないとか。

     

    「いくらかな」

    訊くとネエサンはタブレットを広げた。

    そこに値段が表示されてる。

    金を払い小雨の中を歩く。

    「もう一軒行こうか」

    僕は、僕に、問い掛けた。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 14:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955751