RECOMMEND
イロニアの音謡
イロニアの音謡 (JUGEMレビュー »)
めんたんぴん
オリジナル・メンバーのリズム隊(寺井貢&石崎三郎)が参加したアルバムとしては26年振りの新譜。Keyに須川光(大活躍!聞けば分かります)、スペシャル・ゲストとして飛田一男(G)も参加。
「めんたんぴん、初めて関東を歌う」(忠平)との事で、北陸は勿論、伊豆や湘南、川崎の風景を織り込んだ曲も。
「♪メキシコの山から〜」と言う歌詞で始まり、ジェット・マシーン(!)がウネるM1、頭のウッド・ブロックやカウベルに思わずニヤリのM2、Mr.SG(最近はSTだが)のチョーキング&ビブラートが楽しめる6/8バラードのM3、かの髭モジャ3Pバンドを彷彿させる熱いブギーのM6、メコン川で腰まで泥まみれ気分のM7、川崎の道路建設現場のドカチン経験から生まれたM9(咽び泣きながら歌ってます)等々を含む、全11曲。
「夏に聴くめんたんぴんのアルバムがあってもいいんじゃない」(忠平)とのコンセプトも含めて完成した、バンド7枚目のアルバム。
初めてアルバムを聴いた時、1stと似ているような印象を持ちました。(特に前半の曲の並びがそう思わせるのだと思います)
日本海側の方は越前海岸や千里浜、太平洋側の方は第三京浜から伊豆辺りへドライブしながら聞いて欲しい一枚です。
文責/管理人

【NEWS】
●アルバム・スポットを2006/8/7のブログにアップしました

●2006/9/9ソロコンサートのポスター、曲目を当日のブログにアップしました

●2006/12/10ライブ告知ポスターを11/16のブログにアップしました

●2007/3/18に「もっきりや」での演奏曲目をアップしました。
お店のコンテンツ「バックステージ」(3/18)にオーナー平賀氏のレビューが載ってます
http://www.spacelan.ne.jp/~mokkiriya/
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

めんたんぴん/佐々木忠平のブログ「イロニアの音謡」

70年代中頃バンドでPA&4tトラックを購入、メンバー自らが機材設営を行い、ハイエースに揺られながら全国をツアー、ツインDr&トリプルGtを擁し「日本一のライブバンド」と謳われた「めんたんぴん」の佐々木忠平(Vo)が、己の保守派的思想を吐露、時に日本のロックを鼓舞するブログ。一昨年8月にソロアルバム「日本競馬狂想曲」、昨年6月にはオリジナル・リズム隊では26年振りの、バンド名義の新譜「イロニアの音謡」を発売、ソロライブ活動を開始、You Tube上でソロアルバムのPVを公開しております。
<< 我が小松黄金期。 | main | 競輪やってリフレッシュや! >>
心の内にあるもの。
0

    5月17日  曇り  起床6時半

     

    朝食   焼き野菜

        (ナス・ピーマン・プチトマト)

         卵焼き

         粕汁

         ご飯

         りんご・ヨーグルト

         青汁

     

    初夏のような陽気。

    相も変わらず自転車で走り回る。

    やれ北陸銀行、やれ年金機構、やれ北陸信用金庫、

    やれ会計事務所。

     

    金がスイスイ出てゆく。

    各種税金、経費、これからの準備金、等々。

    デスクに書類を並べ、整理しようとした矢先に、

    電話がかかった。

     

    「わしやー、サブやー、今着いたわ」

    石崎三郎が熊本から小松に来たって!

    「えっ?もうそんな日かいな!」

    カレンダーを見ると5月16日。

     

    「おうサブか、今マッツにおるからこいや」

    ギリギリセーフやないか。

    待っとったふりしてやな、忘れとったくせに。

    ウヒヒヒヒ。

     

    午後6時からはリハーサル。

    夜は「みなとや」で食事。のち別れた。

    「明日もマッツにおるからな」

    「おう、分かったぞ」

     

    さて。

    キムさんが米朝会談にいちゃもんつけだした。

    「なるほど」と思う。

    日本はポツダム宣言受諾して、米国の云う通りになったけ

    ど、北朝鮮はそうはいかない。

     

    おまけに核開発は、IAEA脱退してるから国際法違反でも

    ない。まあ、国際法なんてあるのかないのか?

    北にしてみれば、自分らより遥かに悪党と会談する訳で、

    素直に行くはずがない。

     

    どうも日本の左翼は、米国の味方だね。

    口では嫌いと云うけど、本音は違うんじゃないの。

    米国追従は右も左も同じ。

     

    誰かが云ってた。

    「米国は北朝鮮の核保有は認めても、日本の核保有は

     絶対に認めない」

    従属国に核もたすアホは、この世にはいない。

     

    新潟の小2事件、日大アメフト事件、地方政治家や官僚に

    よるセクハラ事件。よくもまあ続くものだ。

    これを憲法9条のせいにするのは、短絡的だろうか。

     

    この国の男たちが、もちろん僕を含めて、劣化したのは疑い

    ようがない。なんと云うか、正直に云えば、生きてる意味が

    誰にも分からないんじゃないか。

     

    男は(差別的だけど)今晩喰う飯はどうでもいい訳で。

    でも女にとっては(非常に差別的だけど)大事な仕事だ。

    男と女は目的がずれている。

    だから男と女は、いっしょに暮らすのが理に合ってる。

     

    やっぱり、屈辱的に与えられた平和じゃ、満足できない。

    諸外国から軽蔑されれば、男はつらい。

    中国人に馬鹿にされ、朝鮮人にさげすまれ、米国人には相手

    にされず、それでも憲法を改正せず、与えられた平和を貪り

    食うのは、男には、つらい。

     

    女はいい。

    女はこれでいい。

    でも男には、生きる実感も、生きた証も、なにもない。

     

    何もなくてもいいんだろうが。

    それが仏教なんだと云われるかも知れんが、もしそうなら

    仏教はいらない。

     

    一本筋を通せばいい。

    そうすれば、すべてがつながる。

    つながらないから、ああだこーだ、云い続ける。

    訳が分からないまま、死んでゆく。

    それじゃあ、生まれて来た甲斐がない。

    それじゃあ、あんまりじゃないかな。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | - | 11:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.mentanpin.jp/trackback/955752